FC2ブログ

第3回 Chocobo Meeting 第6R・表彰・開幕

いよいよ第3回Chocobo Meetingも最終レースです。



レース動画

二十四使杯

出走羽能力
二十四使杯出走羽

暫定順位
二十四使杯暫定順位終盤


第6R 5月 神殿 2400m
二十四-6R印

第4Rと似たような構成となっている。
エスカルゴージャスが先頭でレースを引っ張る形となる。
2番手はラピスラズリかセルサイトか。
例のコーナーがあるので、先頭の背後にはなるべく付きたくはないところだが・・・
シャイニィヴェーヘはラピスラズリにかわされるので、
ベットノーズとのポジション争いとなる。


道中
二十四-6R道中

ソラシドーレが出遅れ。
先頭エスカルゴージャス、背後にチエチャンが入ります。
シャイニィヴェーヘはベットノーズ、カオスストリームにポジション争いで敗れ、外へ。

例のコーナーへ向かいますが、今回は弾かれることなく、チエチャンはそのままポジションキープ。


ポイント争い
二十四-6Rゴール

内からチエチャン、中からソラシドーレ、大外からハクマイがほぼ同時にスパート。
その3羽にシャイニィヴェーヘが続く。

直線向いてチエチャン先頭。
ソラシドーレが食らいつくが、差を埋められない。
そのままチエチャンがフィニッシュ。

2着争いはソラシドーレ、オルフィス、セルサイトによる三つ巴。


結果
二十四-6R結果 

チエチャンが有終の美を飾った。
2着争いを制したのはセルサイト、3着オルフィス。
ソラシドーレは出遅れ暴走で自己最高の4着。

カラドボルグは9着で後半戦は元気なし。
シャイニィヴェーヘは10着。大外でのレースは厳しかったですね。
そして、開幕からド安定だったカオスストリームは最終戦でまさかの最下位。





水神杯

出走羽能力
水神杯出走羽能力

暫定順位
水神杯暫定順位終盤 


第6R 8月 砂浜 2000m
水神-6R印 

先頭はクルトンが濃厚。1枠マインドイレーザー(先行142)でも及ばないと思われる。
アイスロークは内側が『逃げ』羽ばかりとなっているので、かなり厳しいです。
大混戦のグループなので、各羽とも他より1つでも上の着順を獲りたいところです。


道中
水神-6R道中

クルトンが先頭奪取。
2番手にクールツヴェルフ、マインドイレーザー、テスタメントプレッソと続く。
アイスロークは先行羽の壁に阻まれた形。
一方でイフリートキャレスは上手くアイスロークとキングシーザーの間に入り込みました。


ゴール
水神-6Rゴール

仕掛けたのは大外オーディン。画面外でぐんぐん飛ばします。
それを追うテスタメントプレッソ、アーブル。

直線向いてオーディン先頭、ただし画面外。
その後オーディンが失速し、テスタメントプレッソが逆転。

それをさらに後ろから猛追してきたクールツヴェルフ、マインドイレーザーがかわす。
最後はクールツヴェルフがマインドイレーザーを振り切った。


結果
水神-6R結果

クールツヴェルフが見事に差し切って勝利。
マインドイレーザーはテスタメントプレッソをかわすのに少しロスしたのが響いた。
大外スタートのイフリートキャレスが4着まで食い込んだ。

アイスローク、オーディン、アーブルと外でレースをした羽はそろって下位に沈んだ。





剣神杯


出走羽能力
剣神杯出走羽能力 


暫定順位
剣神杯暫定順位終盤 


第6R 6月 都市 2400m 
剣神-6R印 

いよいよ第3回Chocobo Meetingの最後のレースです。
先頭はワギュウが堅いか。
タニストロはレディオバーストをかわしたいところ。
てか、最後に勝利してほしいですよ~


いざ
剣神-6R道中

ロードスターが出遅れ。
先頭はワギュウが難なくゲット。
背後にイザナギブッシツ、隣にヴェドス。
タニストロは持ち前の推進力でぐいぐい前に出ますが、内へは行きません。
レディオバーストをかわしたものの、結局4番手の位置取りにとどまった。
ロードスターは出遅れた分、ケイト、アンブリオの外でレースをすることになりました。
大外はバルバトス。


もしかして
剣神-6Rゴール

ワギュウがスパートし、ヴェドスが追っかけ。
ケイト、バルバトスも続きます。

先頭ワギュウのまま、文字通り最後の直線へ。
ピタリとヴェドスが追走。

ワギュウとヴェドスのデッドヒート。
疲れの見え始めたヴェドスをワギュウが徐々に引き離す。
ワギュウの勢い止まらず、そのまま疾風のごとく駆け抜けた。

ヴェドスのゴール後、タニストロとイザナギブッシツが並んでゴール。



結果
剣神-6R結果


ワギュウが155ギルの貫録を見せつけた。
2着はヴェドス。ワギュウに追いすがるも及ばず。
3着イザナギブッシツ。タニストロを振り切っての掲示板です。

そしてそしてタニストロが4着を奪還!祝5回目!
ゴールで思わず「おおー!」ってなりましたw

バルバトスは大外スパートながら、5着と踏ん張った。
レディオバースト、ロードスター、ケイトら優勝争いの羽は下位に沈んだ。




最終順位

二十四使杯
二十四使杯最終順位

二十四使杯優勝は若葉マークさんのハクマイでした。
おめでとうございます!
前半終了時点では9位でしたが、第3Rからの3連続掲示板で優勝圏内へジャンプアップ。
最終レース、カオスストリームの大崩れにも助けられましたが、逆転優勝となりました。

2位はカオスストリームが入りました。
第5Rまで抜群の安定感を見せていましたが、外枠スタートとなった最終レースでまさかの11着。
優勝が手から零れ落ちてしまいました。

3位はタイム差によりエスカルゴージャスに決定。
瞬加型が猛威を奮うと思われましたが、第2Rでは見事勝利を収めるなど活躍。
先頭を獲れるレースが多かったものの、瞬加の末脚には手を焼き、掲示板は1回のみでした。

4位はセルサイトとベットノーズ。
セルサイトは序盤躓きましたが、中盤から巻き返しハクマイに並ぶ最多の掲示板3回を記録。
ベットノーズは3着が最高でしたが、第4R以外は中~上位で比較的安定していました。

6位ラピスラズリ。
第1Rの2着以降は中位が多く、ポイントを伸ばせず。最終レースで3位から6位へダウン。

7位チエチャン。
1勝を含む掲示板2回だが、瞬加型の特徴で下位も3回と極端な結果に。

8位カラドボルグ。
前半戦終了時では見事な末脚を披露したものの、後半戦はまるで元気なし。

9位オルフィス。
後半掲示板2回と奮起したが、前半の不調が響き総合9位にとどまった。

10位シャイニィヴェーヘ。
前半戦はまずまずでしたが、後半伸びず。結局掲示板に入ったのは前半の1回のみ。

11位ソラシドーレ。
地力の差もあり、苦しい展開が多かったですが、暴走成功で見せ場をつくりました。



水神杯
水神杯最終順位 


水神杯優勝はスターさんのテスタメントプレッソでした。
おめでとうございます!
一時はオーディンに4pt差をつけられたが、最終レースで見事逆転。
第3R以外は4着以上という、先瞬型らしく堅実な走りを見せてくれました。

2位はイフリートキャレスでした。
能力を見るとやや一発に欠ける印象があったが、大崩なくポイントを伸ばし2位を獲得。
元ネタのVPだとスルトのイメージがあるので、水神杯で炎神が活躍というのも一興でした。

3位に51ptで4羽が並びましたが、アイスロークがタイム差で3位をもぎ取りました。
私の羽では最高の2着かつ最多の掲示板2回。
なお、後述のタニストロとは好対照ですべて異なる着順でした。

4位はオーディン、クールツヴェルフ、キングシーザーの3羽。
オーディンは見事な末脚で中盤まで2勝を挙げるなど無双状態でしたが、最後失速。
クールツヴェルフは後半やや調子を落としましたが、最終レースで有終の美を飾りました。
キングシーザーは金羽ながら、堂々たる走りっぷりで掲示板3回と大活躍。

7位はクルトン。
加速Bゆえに直線までスパートしないレースも少なからずあったが、掲示板2回の活躍。

8位はマインドイレーザー。
前半戦は今一つだったが、後半戦は1勝を含む掲示板2回で存在感をみせた。

9位アーブル。
決して能力は悪くなく、むしろA4やA5は高水準だが、9着4回記録するなど大会通して絶不調。
一度も上位に入れず、大差をつけられる形となった。



剣神杯
剣神杯最終順位改 

優勝はタニストロでした。やったでおい!
勝利どころか掲示板もないというのはちょっと寂しいですが、4着5回、5着1回とド安定。
今回のようなpt、枠順のルールだとこういう獲り方のが強いんですよね。

2位にはワギュウがジャンプアップして入りました。
唯一の2勝を挙げ、155ギルの強さを見せつけました。
因みにダートでの成績は35ptと他を圧倒、甲羅杯でいうところのダートマイスターでした。

3位はロードスターでした。
掲示板3回と見事な成績でしたが、最終レースの暴走不発が痛かった。
暴走成功なら文句なし、出遅れがなくても上位に入れていたのではと思われます。

4位にケイト。
掲示板3回で終盤まで首位に立つなど、唯一の牝羽ながら牡羽に負けず劣らずの活躍を見せた。
芝では33pt獲得。ワギュウがダートマイスターなら、こちらは芝の王者ですね。

5位はバルバトス。
でこぼさんの他の2羽がインパクトありすぎたためか、やや大人しく感じられました。

6位はレディオバースト。
前半戦掲示板2回で優勝争いを演じたが、後半は伸びずに失速。

7位イザナギブッシツ。
最多タイの掲示板3回を記録。サブ能力が良ければもう少し上位だったでしょうか。

8位アンブリオ。
第5R長距離戦のレース運びは見事という他なかったですね。
しかもガミネさんはピンポイントで狙ってたのことで、御見逸れしました。

9位ヴェドス。
第4、5Rの連続9着で沈んでしまったが、最終レースで意地の2着。



総合羽主賞
羽主別獲得ポイント


総合羽主賞はスターさん(4位-1位-3位)でした。
おめでとうございます!
ベットノーズはタイム差で4位となっているので、全部門入賞はなりませんでしたが、
2位に4pt差をつけての堂々の優勝です。

2位はザックさん(2位-2位-7位)、若葉マークさん(1位-7位-2位)が146ptで並びました。
お二方とも2部門で入賞、もう1部門は7位という結果。
下位となったがイザナギブッシツ、クルトンとも掲示板複数回でポイントには大きく貢献。
なお、若葉マークさんの掲示板入賞8回、通算4勝はトップでした。

4位からかささん(3位-4位-6位)
エスカルゴージャス、レディオバーストは1勝ずつ挙げていますが、
なんといってもキングシーザーの活躍が光りました。

5位春野さん(7位-4位-4位)
いずれの羽も1勝かつ掲示板2回以上を記録し、まんべんなく活躍しました。

6位あおのこのこ(9位-3位-1位)
シャイニィヴェーヘはもうちょい頑張って欲しかったですが、周りが強力過ぎてやむなし。
アイスローク、タニストロの先瞬型安定思考は上手くハマってくれました。
大会未勝利は残念でしたが、タニストロの連続4着は話題性としてはグッドでしたねb

7位でこぼさん(8位-4位-5位)
前半戦はカラドボルグ、オーディン無双でインパクト絶大でした。

8位ター君さん(9位-8位-9位)
いずれも下位となり奮わなかったですが、最終レースで今大会唯一の全羽掲示板を達成しています。

9位ガミネさん(4位-9位-8位)
セルサイトは掲示板3回、アンブリオも長距離で渾身の勝利を挙げたが、アーブルが大誤算でした。



以上で第3回Chocobo Meetingは閉幕となります。
主催のぴくたさん、PCが不調な中、ありがとうございました~

大会ハイライトが流れるEDも良かったですね。
私の動画は紙芝居なので、ああいうEDは見ててすごいなと素直に思います。

昨年秋から始まったEXラッシュも一旦落ち着きますね。
最近、新牧場データを作ったのですが、ぼちぼち進めていきたいですね。





スポンサーサイト

第3回 Chocobo Meeting 第5R

二十四使杯

レース動画


出走羽能力
二十四使杯出走羽


第5R 9月 密林 3200m
二十四-5R印 

先頭を獲れるエスカルゴージャスは2勝目を上げる絶好のチャンスだが、長距離なのが不安点。
それに対し、長距離も難なくこなせるカラドボルグが強さをみせるか。
シャイニィヴェーヘ、ベットノーズも長距離Aの強みを見せて上位進出を目指したい。


出遅れ
二十四-5R出遅れ

ソラシドーレとハクマイが出遅れ。
デブ羽の出遅れモーションは愛嬌あって好きです。
暴走されると周りはたまったもんじゃないですが・・・

エスカルゴージャスが先頭を獲った矢先、
背後についたラピスラズリがかかり、先頭奪取されてしまう。

脚質『追』の羽達はホームストレートで羽群に一旦収まり横一線になるが、
2周目に入ってからコーナーでまた離れる・・・長距離レースのよく見た光景ですね。
カラドボルグ、オルフィスらは外へ流れる中、
ハクマイがエスカルゴージャスとベットノーズの間に収まる。

ソラシドーレがスパート。
ラピスラズリ、エスカルゴージャスが追っかけ。
さらにハクマイが続く。


圧勝
二十四-5R圧勝

直線向いてハクマイが先頭に立つ。
みるみるうちに、後続を突き放す。
全く失速せず、ハイスピードを保ったまま颯爽と駆け抜けた。

その後、2着争いの羽団が入ってきたのは数秒経ってからでした。


結果
二十四-5R結果

2着とは3秒差と他を圧倒する暴走でハクマイが2連勝を飾った。これで3連続掲示板。
2着争いを制したのはカオスストリーム。こちらは初の掲示板です。
3着に滑り込んだのはベットノーズ。

エスカルゴージャスは絶好の枠順だったが、6着。
ハクマイの暴走、ラピスラズリのかかりなど、ちょっとツイてなかったですね。
ハクマイ以外の瞬加型は皆下位に沈んだ。
 

暫定順位
二十四使杯暫定順位終盤 

連続上位に入ったカオスストリームが逃げている。
それを2連勝と波に乗るハクマイが追走。
3位のラピスラズリ、ベットノーズも順位を上げたはしたものの、逆転優勝は少し厳しいか。
枠順を活かせなかったエスカルゴージャス、連続下位となったカラドボルグも優勝争いから脱落。





水神杯

レース動画


出走羽能力
水神杯出走羽能力


第5R 8月 山岳 3000m
 水神-5R印

水神杯は山岳で長距離合戦です。
長距離もそこそこあるアイスロークは先頭を獲れるので、勝利を期待したい。
ただし、キングシーザーとテスタメントプレッソも良いスタートを切るはずなので、
簡単にはいかない。
オーディンも長距離を得意としているので、要注意。


先頭奪取
水神-5R道中

先頭アイスローク。背後にキングシーザー。

スタート後、キングシーザーは内側へ切り込んでアイスロークの背後へ行ったのに対し、
テスタメントプレッソは内に切り込むことなく真っ直ぐ駆け下りた。
長距離の差でしょうかね。
それもあり、イフリートキャレスはキングシーザーのすぐ隣へ入ることが出来ています。

内枠スタートのアーブル、マインドイレーザーは外へ流れる。
オーディンも内側へ入れずに、大外へ回った。

その後大きな変動なく、2周目の最終コーナーへ向かう。
最終コーナー手前からオーディンがスパート。


獲れない
水神-5Rゴール

オーディンに続いたのはキングシーザー。
アーブル、マインドイレーザーも続く。

直線向いてオーディンがキングシーザーをわずかにリード。
坂を上り切った後にキングシーザーがオーディンをかわすが、
イフリートキャレスとアイスロークにかわされる。

アイスロークは最後伸びず、イフリートキャレスをとらえきれず。


結果
水神-5R結果

イフリートキャレスがアイスロークを振り切って、初勝利。
3着にキングシーザーが入り、掲示板3回目。
オーディンは大外スパートの7着でポイントを伸ばせず。



暫定順位
水神杯暫定順位終盤 

かろうじて首位を守ったオーディンだが、
2位のテスタメントプレッソ、アイスロークとの差はわずかに1pt。
さらにイフリートキャレス、キングシーザーが迫っている。
アーブルの9位が確定。




剣神杯

レース動画


出走羽能力
剣神杯出走羽能力 


第5R 7月 神殿 3600m 
 剣神-5R印

ワギュウさん、大外でも◎。
先頭争いはイザナギブッシツvsレディオバーストだが、
長距離が低いため、ケイトやアンブリオ、ロードスターらにもチャンスがある。


スタートダッシュ!
剣神-5Rスタート

先頭を獲ったのはアンブリオ。
先行はイザナギブッシツ、レディオバーストらに劣るが、長距離Aを存分に発揮。
見事先頭奪取に成功した。
バルバトスは先、長距離がほぼ同値のケイトよりだいぶ前にいる気がします。
自在の差でしょうか・・・


魔のコーナー
剣神-5R魔のコーナー

アンブリオ先頭のまま、例のコーナーへ。
例によって2番手の位置にいたレディオバーストが弾かれます。
このコーナー出口は本当に怖いところです。



記録途絶える
剣神-5Rゴール

ワギュウ、レディオバーストが外から仕掛ける。
程無くしてアンブリオ、ロードスター、ケイトが続く。

直線向いてアンブリオが先頭に躍り出る。
ロードスターとケイトが追走するが、差を縮められることができない。
結局アンブリオがそのまま逃げ切り、ロードスター、ケイトの順にゴール。

そして4番目にやってきたタニストロをゴール前でバルバトスがかわした。


結果
剣神-5R結果

アンブリオ待望の勝利。
唯一の長距離Aということもあり見事なスタートダッシュからの逃げ切り勝ちでした。
ロードスターが2着。外枠スタートにも係わらず、2連続の掲示板です。
3着はケイト。無難に、しかし着実にポイントを伸ばします。

4着はバルバトス。タニストロは5着で5連続4着の期待にそえずw
でも最後の最後までそうなりそうだったので、見てる方は最後までワクワクしてましたw

ヴェドス、イザナギブッシツは第4Rと同じ着順に沈んだ・



暫定順位
剣神杯暫定順位終盤 

掲示板に入ったケイトは再び単独首位に。
ロードスターが1pt差で追走。
全レース4着の大記録がなくなったタニストロは優勝争いには何とか踏みとどまった。

レディオバーストは一歩後退。
アンブリオは中位を狙える位置まで浮上した。





残すは最終レースのみ。
いずれも抜けている羽がいないので、最後まで優勝の行方はわかりません。

因みにこの段階で3部門に参加している羽主で勝てていないのは私だけです。


第3回 Chocobo Meeting 第4R

二十四使杯

レース動画

出走羽能力
二十四使杯出走羽


第4R 7月 遺跡 1800m
二十四-4R印

面白いことに第2Rとよく似た枠順構成になっています。
セルサイト、ハクマイにとっては連続上位着順のチャンス。
先頭はスタート直後にラピスラズリがカオスストリームをかわせるかどうかがカギとなる。



道中
二十四-4R道中

ソラシドーレが出遅れ。
スタート直後はラピスラズリに前をいかれたが、カオスストリームは先頭奪取に成功。
背後にオルフィス、その横に出遅れたソラシドーレが入った。



ゴール
二十四-4Rゴール

最初にオルフィスが仕掛けるが、続く羽はいない。
ぐんぐん差を広げるオルフィスだったが、徐々に失速。
ハクマイ、セルサイトの白羽2羽が迫り、ゴール前でハクマイがオルフィスを差し切った。



結果
二十四-4R結果

ハクマイが見事差し切って勝利。
2着オルフィス、3着セルサイトと上位はいずれも高瞬発型が占めた。
先頭を獲ったカオスストリームは4着。
カラドボルグは仕掛けが遅く、8着。
エスカルゴージャス、ベットノーズ、ラピスラズリら暫定上位の羽は皆下位に沈んだ。


 
暫定順位
二十四使杯暫定順位中盤 

上位の羽が皆下位に沈んだため、カオスストリームが暫定首位に躍り出た。
連続上位着順のハクマイ、セルサイトもジャンプアップ。
1位カオスストリームから10位オルフィスまで8pt差にせめぎ合う混戦模様になっている。




水神杯

レース動画

出走羽能力
水神杯出走羽能力


第4R 2月 神殿 2000m
水神-4R印 

先頭はクルトン、2番手はキングシーザーが濃厚。
二十四使杯では内枠が上位となったが、どうなるか。


道中
水神-4R道中

クルトン先頭。
背後にマインドイレーザーが収まった。
キングシーザー、テスタメントプレッソ、イフリートキャレスと続く。
オーディンは羽群に阻まれ、中に入れず。


伸びる黒羽
水神-4Rゴール

キングシーザー、アイスロークが仕掛ける。
クルトンがそれに呼応し、加速Bからすると早めのスパート。
直線向いてキングシーザーが先頭だったが、高瞬発のクルトンがキングシーザーを逆転。
クルトン悲願の初勝利かと思われたが、マインドイレーザーがあっという間に交わしていった。


結果
水神-4R結果

マインドイレーザー初勝利。
クルトンは自己最高の2着。
オーディンが3着と掲示板3回目。
仕掛けたキングシーザー、アイスロークは最後失速し、それぞれ5,6着。
アーブルはまたもや9着。



暫定順位
水神杯暫定順位中盤

オーディン、テスタメントプレッソの1,2位は変わらず。
クルトン、マインドイレーザーは上位との差を一気に縮めた。
3回目の9着に沈んだアーブルは優勝の目が消滅。

アイスロークは徐々に着順が下がっているのが気になるところです。



剣神杯

レース動画


出走羽能力
剣神杯出走羽能力 


第4R 12月 山岳 1200m 
剣神-4R印 

短距離のため、内枠が有利となる。
印ぐりぐりはレディオバーストだが、先頭を獲るワギュウが本命か。



スパート
剣神-4Rスパート

スタートは揃ったが、ロードスターがかかり発動。
コーナー手前でヴェドスが外へ行き、そのヴェドスにイザナギブッシツが弾かれる。

最初に仕掛けたのはタニストロ。
もう少し辛抱して欲しかったです。
ケイトが続く。

先頭タニストロのまま直線へ。
坂を上り切ってもタニストロはリードするが、ワギュウが迫る。


ゴール
剣神-4Rゴール

ワギュウがタニストロをかわして、そのままフィニッシュ。
タニストロは持ちこたえられず、バルバトス、ロードスターにもかわされてしまった。



結果
剣神-4R結果

ワギュウ、待望の勝利。
ゴール前でタニストロをかわしたバルバトス、ロードスターが2,3着。
アンブリオとケイトは全くの横並びだったが、アンブリオに軍配。
レディオバーストは外枠短距離では厳しく、7着。
コーナー手前でアクシデントにあったイザナギブッシツは8着。


暫定順位
剣神杯暫定順位中盤 

ケイトは首位キープだが、タニストロに並ばれた。
タニストロは4連続4着とド安定です。
わずか4pt差に7羽ひしめく大混戦で残り2レースを迎える。


第3回 Chocobo Meeting 第3R

二十四使杯

レース動画

出走羽能力
二十四使杯出走羽


第3R 3月 都市 1400m
二十四-3R印 

第2R同様内枠に瞬加型が集った。
ラピスラズリが先頭を獲るか。
スタート後は最終コーナーまで一直線のため、外枠の羽はなるべく内側へ切り込みたいところ。


スパート
二十四-3Rスパート 

先頭はラピスラズリが獲る。

オルフィスが羽群に阻まれながらも外からスパート。
シャイニィヴェーヘ、ベットノーズが続く。
直線向いてベットノーズが先頭に立つ。



また来たピンク
二十四-3Rゴール

内でスパートしたベットノーズだが、徐々に後続に詰められる。
ゴール前でカラドボルグ、セルサイト、ハクマイにとらえられた。


結果
二十四-3R結果

同タイムで3羽。
僅かな差でセルサイトがカラドボルグ、ハクマイの超瞬加型を振り切った。
大外からのスパートとなったオルフィスは8着。
シャイニィヴェーヘは完全にばてました。

 
暫定順位
二十四使杯暫定順位前半 

カラドボルグ、エスカルゴージャスが27ptで同率1位。
1pt差でベットノーズ、ラピスラズリ、カオスストリームが続く。




水神杯

レース動画

出走羽能力
水神杯出走羽能力


第3R 8月 密林 1000m
水神-3R印

短距離はスタート後すぐのスパートとなるため、内枠が断然有利。
瞬加型のアーブル、オーディンらにとっては絶好の条件。
キングシーザーも虎視眈々と勝利を狙う。






珍しいアングル
水神-3Rスパート

スタート後、各羽コーナーへ。
マインドイレーザー、アーブル、テスタメントプレッソが早めの仕掛け。
それを受けてキングシーザーもスパート。

なお、オーディンは今回は早仕掛けせずに画面外で置いて行かれています。


白熱の2着争い
水神-3R2着争い 

直線向いてキングシーザーが抜けるが、だいぶスパートを我慢していたオーディンがぶち抜いた。
後続の羽が続々キングシーザーに襲い掛かり、2着争いは大混戦。


結果
水神-3R結果 

オーディン、貫録の勝利。早くも2勝目。
4羽が同タイムの大接戦の2着争いを制したのはイフリートキャレス。
キングシーザーは3着に踏みとどまった。
クールツヴェルフ、アイスロークが4,5着。
早仕掛けの3羽は下位に。
逆にクルトンは加速Bが影響し、スパートが遅かった。


暫定順位
 水神杯暫定順位前半

オーディンが2勝目を挙げ、単独首位。
青羽3羽が2位タイで並ぶ。
5位タイのキングシーザー、イフリートキャレスまではほぼ差がない状況。
クルトンは2レース目の3着以外は伸びず、やはり加速Bが響く。
マインドイレーザーとアーブルはかなり離されてしまい、苦しい前半戦だった。




剣神杯

レース動画

出走羽能力
剣神杯出走羽能力 


第3R 2月 遺跡 1800m 
剣神-3R印

脚質『先』の羽は外枠に寄ったので、レディオバーストにとっては好機。
ただ、1枠アンブリオとの先行差は僅か5。




コーナーの魔物
剣神-3R道中

レディオバーストの背後を獲った、アンブリオだったが、何故か弾かれてしまい、外へ。
後ろからの突き上げもなかったので、不思議です。
少し手前のコーナーリングで膨らんだことも影響しているんでしょうか。


壮絶な一騎打ち
剣神-3Rデッドヒート

仕掛けたのはバルバトス、ワギュウ、ヴェドス。
それを見てレディオバーストがスパート。

直線向いてレディオバーストが先頭で突き進む。
しばらく並走していたヴェドス、バルバトスが徐々に失速。
レディオバーストとケイトの一騎打ちに。


結果
剣神-3R結果

レディオバースト、ケイトどちらも譲らず並走していたが、最後にケイトが差し切った。
イザナギブッシツが追い上げ3着。
タニストロがヴェドスをとらえ4着。

道中謎の弾かれにあったアンブリオは7着に沈んだ。
ロードスターは初の下位。


暫定順位
剣神杯暫定順位前半 

壮絶な一騎打ちをものにしたケイトが暫定首位に浮上。
1pt差でレディオバーストが2位。
3位タイのザナギブッシツ、タニストロもぴったりと追走。
ロードスターは一気に5位まで順位を落とした。


第3回 Chocobo Meeting 第2R

二十四使杯

レース動画

出走羽能力
二十四使杯出走羽


第2R 12月 山岳 2000m
二十四-2R印 

瞬加が内枠に配置され、第1Rとは逆の構図。
外枠になったエスカルゴージャスの印が強くなっているので、寒い時期開催と判断できます。
無印カラドボルグが不気味。


道中
二十四-2R道中

エスカルゴージャスが先頭奪取に成功。
流石の先行176の出脚。
次点のカオスストリームでも165なので、それを十分かわせるというのは強みですね。
ハクマイが出遅れましたが、羽群の内側へは入れずに大外カラドボルグの横に回ります。


理想形
二十四-2Rゴール

大外のハクマイが口火を切り、羽群中ほどからオルフィス、内からチエチャンと瞬加が続く。
直線向いてチエチャンが先頭。
ハクマイが上がってこないので、暴走不発か。
内側スパートのエスカルゴージャス、カオスストリーム、ソラシドーレが迫る。
ゴール前チエチャンをかわし切ったエスカルゴージャスがフィニッシュ。


結果
二十四-2R結果

エスカルゴージャスが先頭奪取からの見事な試合運びで1着。
チエチャンが2着。シャイニィヴェーヘは最後カオスストリームをかわして僅差で3着。
ハクマイは出遅れ暴走ならず、8着。
そのほかカラドボルグ、オルフィス、セルサイトといった高瞬発羽は下位に低迷した。


暫定順位
 二十四使杯暫定順位序盤

エスカルゴージャスが一歩リード。
2位タイにラピスラズリ、ベットノーズ、シャイニィヴェーヘ、カオスストリーム。
すぐ後ろにカラドボルグ、チエチャンが追走。
ハクマイはまだその真価を発揮できず、10位。
下位4羽は少し出遅れてしまったが、巻き返しを図りたい。




水神杯

レース動画

出走羽能力
水神杯出走羽能力


第2R 2月 遺跡 2200m
水神-2R印 

先頭はクルトンが難なくとるだろう。
2番手争いはマインドイレーザーvsクルトンとなる。
流石にテスタメントプレッソとアイスロークは届かないか。


あわや
水神-2R道中

先頭クルトンの背後についたのはクールツヴェルフ。
後ろからのアーブルのアタックを受けて外へ向き一旦弾かれますが、
すんでのところで元の位置へ戻ることができました。
一方でマインドイレーザーが割を食う形で少し外へ行き、アーブルは大外へ。


青羽躍進
水神-2Rゴール前

仕掛けたのは大外オーディン。
アーブル、イフリートキャレス、クールツヴェルフが続く。

直線でクールツヴェルフがオーディンを逆転し、ゴールへひた走る。
あと一息ところでテスタメントプレッソがさっそうと現れた。


結果
水神-2R結果

テスタメントプレッソが見事差し切って、1着。
2着にクールツヴェルフ。
猛追を見せたクルトンとアイスロークの対決はクルトンに軍配があがり、3着。
道中ややアンラッキーだったマインドイレーザーは5着。
イフリートキャレスとオーディンはともに失速し、それぞれ6着、7着。
アーブルは1枠スタートも空しく2連続最下位となってしまった。


暫定順位
水神杯暫定順位序盤 

テスタメントプレッソが暫定首位。
2pt差でアイスロークが追走。
3位タイでオーディン、クールツヴェルフ。
ここまでは青羽が好調。
金羽キングシーザーは現在5位タイと奮闘。
2連続最下位のアーブルは苦しいスタートとなった。




剣神杯

レース動画

出走羽能力
剣神杯出走羽能力 


第2R 8月 砂浜 2000m 
剣神-2R印 

先頭に出られるワギュウが有利か。
2番手はロードスターか。タニストロは3番手の位置取りを獲れるか。


道中
剣神-2R道中

先頭ワギュウの背後にバルバトス、その横にロードスター、タニストロと続く。
レディオバーストは一旦ケイトの前に出ましたが、最初のコーナ―で弾かれて再度外へ。


ゴール
剣神-2Rゴール前

ワギュウの背後からバルバトスがスパート。
外からアンブリオ、内からロードスターが続く。

直線向いてバルバトス先頭のまま。
逃げるバルバトス、追いかけるロードスター。

中々差が縮まらない状態だったが、ゴール前でバルバトスが失速。
ロードスターがバルバトスをかわしてフィニッシュ。


結果
剣神-2R結果

ロードスターが勝利。
2着に入ったのはワギュウ。
バルバトスはなんとか踏ん張って3着。
タニストロは追い上げられず4着。ダート△故か。
イザナギブッシツ、ケイト、レディオバーストら第1R上位3羽はそろって下位に沈んだ。

第2Rではスターさんの羽が2羽勝利と躍動。
一方でガミネさんは3羽とも最下位と残念な結果でした。


暫定首位
剣神杯暫定順位序盤 

ロードスターが暫定首位。
掲示板はないがタニストロが単独2位。
差がなくレディオバースト、ケイト、イザナギブッシツ。
剣神杯の出走羽は実力が拮抗している分、最も差がない部門となっています。






のこのこの生息数
プロフィール

あおのこのこ

Author:あおのこのこ
性別:男
生年:1984年
出生:高知県
出身:神奈川県
趣味:昼寝、カラオケ
好きな食べ物:ネギトロ、納豆

↓チョコスタ自己記録↓
価格:149ギル
A1:153
A2:149
A3:176
A4:165
A5:156
先:192
瞬:193
加:183

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる