スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘らるる都杯 限定戦決勝前半



さあて、どんどんUPされている忘らるる都杯。
動画がUPされて随分経ちましたが、ようやく記事UPです。
今回は限定戦決勝の前半3レースを見ていきます。

なお、
古代種記念1次予選において年齢制限に引っかかったことが判明した壱村さんのナイトホーク
開催前に性別が違ってガスト杯に出走できなかったHeartYさんのナイトオブタマネギ
の2羽は、それぞれガスト杯、イファルナ賞に再配属されて出走可能となりました。
主催のサンシャインさんの柔軟な対応にGJです♪

というわけで、ガスト杯は10羽、イファルナ賞は11羽、古代種記念は9羽で各限定戦決勝を戦うことになります。
マンティスサイスとブルーダリアにとってはライバルが1羽増えたことになりますね。
予選よりも良い順位で終えてくれたら…と思います。


ガスト杯決勝 第1R
密林 4月 1200m
ガストF1印

展望
ナイトホークが加入して、平均A3が高くなり、さらなる激戦が予想されます。
印がばらけまくっていますが、1次予選トップのコカトリステイルの印は揺るがない。
とはいえ短距離。スタートそのままの勢いでスパートにつなぐため、内枠スタートが圧倒的に有利。
なので、外枠スタートの羽は厳しいかも。

予想:1-6-7


結果

いやはや、ガスト杯は出遅れませんね~
相変わらずマンティス君は自在性が低いので、スタートは駄目ですね。
1枠インペリアルクロスが先頭でコーナーへと向かいます。
コーナー進入の地点で外からトムキャットがエビゾリ発動でインペリアルクロスから先頭奪取。
そのおかげ?でマンティスサイスはインペリアルクロスと交代して最内を獲ります。


ガストF1ゴール

そして先頭に立ったトムキャットが真っ先にスパートします。
それをマンティスサイス、ベルセルクハートが追いかけます。
直線向いた時点でトムキャット先頭ですが、すぐ背後にマンティスサイス、ベルセルクハートの両羽が迫ります。
残り200m過ぎでマンティスサイスがトムキャットをかわし先頭に立ちます。
その後、後続を振り切りゴール!!!


ガストF1勝利羽マンティスサイス

悲願の初勝利!
忘らるる都杯開幕してようやくの1勝でほっとしました。
高A3羽ですがサブ能力はオワッテルので、予想外の勝利です。


ガストF1結果

着順:3-6-4

1着はマンティスサイス。羽主もびっくりwこの調子で頼みます。
2着はトムキャット。かかりで先頭奪取→スパートまではベストな展開だったんじゃないかと思います。
3着はベルセルクハート。トムキャットを捕えきるかなと思ったんですが、意外と伸びてこなかったですね。
予選首位で臨んだコカトリステイルは大外スタートということもあり、6着と伸び悩んだ。


イファルナ賞決勝 第1R
山岳 12月 2800m
イファルナF1印

展望
隠しキャラクターのナイトオブタマネギが限定戦決勝ラウンドから参戦。
予選で上位だった羽に印が重い傾向が見られます。
11羽出走になったことから予選以上に位置取りが重要になってきそうです。

予想:10-7-5


結果

こちらも出遅れなし。
先行1番、ソラノカケラがぐいぐい内側に切れ込んで先頭奪取。
4枠ニシノトウイン、外のアダムスピークも良いスタートを切っています。
青羽5羽の中にいるブルーダリアを探すのに一苦労で、ウォーリーを探せ状態になってます。
外枠スタートの羽が内側に流れてきたため、ブルーダリアは今回も外に行きます。
ソラノカケラ先頭のまま、特に状況は変わらず終盤へ。

イファルナF1ゴール

仕掛けたのはサイレンスセイレーン。
羽群中ほどからレッドカノン、同外からナスノレイア、ラフィンハートが追走。
残り200m過ぎてもサイレンスセイレーンが先頭。
徐々にレッドカノン、ナイトオブタマネギら後続が迫ってきます。
ゴール寸前でソラノカケラらが猛スピードで追い上げてきましたが、サイレンスセイレーンが逃げ切り成功。


イファルナF1結果

着順:7-6-10

1着はサイレンスセイレーン。予選と合わせて2勝目。幸先の良いスタートを切りました。
2着はソラノカケラ。自慢の先行力を活かしたレース展開がハマり、見事2着。
3着はアダムスピーク。10枠スタートからの3着は上々の結果でしょう。
ゴールにたくさん青羽がなだれ込みましたが、ブルーダリアは7着。初戦だし、まずまず。
しかし、あれだけ同時に来られるとどれがどれだかわからないですw


古代種記念決勝 第1R
都市 3月 1600m
古代種F1印

展望
ナイトホークがガスト杯に移籍したため、9羽での争いになりますが、果たしてどうなるんでしょう。
相変わらず、キイタナコイツがぐりぐり1番人気。
次点で1枠ヴォラカム、6枠ラピスラズリといったところか。
一方、予選1位通過のフジノモリは印少なめ。
リフレクシーグラは予選と同様もしくはそれ以下の印か。

予想:2-3-7


結果

こちらも一斉スタートで幕開け。
先頭はブロードピーク。
キイタナコイツは逃げ脚質ですが、ラピスラズリをかわせず、やや外に位置しています。
画面外だったため不明ですが、ラピスラズリがエビゾリしていた模様。


古代種F1ゴール

仕掛けたのはリフレクシーグラ。
残り600m・・・祭り、グラビデを考慮すると加速は159なので適スパでしょうか。
シーグラに後れを取らんとばかりにヴォラカムらが一斉にスパート。
コーナーリングでシーグラはヴォラカムに抜かれ、先頭を明け渡してしまします。
その差は一向に縮まらず、そのままヴォラカムがゴール。


古代種F1結果

着順:1-3-2

1着はヴォラカム。予選の不調を吹き飛ばす見事な勝利でした。
2着はリフレクシーグラ。惜しかったですが、最後までさほど失速しなかったのにほっとしました。
3着はブロードピーク。内枠の利を最大限に活かした走りでした。
4~6着にはラピスラズリ、キイタナコイツ、モストフォルティシモが入りました。
7~9着は同タイムの3羽が入り、予選首位のフジノモリは何とか7着。
ナスノモミジが8着、スクリーンヒーローは悔しい9着に終わった。






続いて第2Rです。


ガスト杯決勝 第2R
神殿 2月 1600m
ガストF2印

展望
グラビデ基準が変わったため、グラビデがより重くorより軽くなり、G+の羽にとっては正念場か。
相変わらず印がばらけていますが、コカトリステイル◎2つの1番人気というのも変わらず。
マンティスサイスはG+12なので、自:60・・・スタートのレスポンスに注目です!

予想:5-9-2


結果

とうとうコカトリステイルが出遅れました。
先頭に出たのはナイトホーク。
2番手にはインペリアルクロス、トムキャットらがつけます。
出遅れたコカトリステイルは羽群に追いつき外へ移行します。


ガストF2ゴール

コカトリステイル、スパート!暴走発動か!?
ほぼ同時に後方ナスノガリバーもスパートし、内側から上手く羽群を抜けます。
内側の利もあり、直線向いたところでナスノガリバーが先頭。
残り200mでコカトリステイルが一気にナスノガリバーを抜き去り、そのままゴール。


ガストF2結果

着順:5-7-1

1着はコカトリステイル。通算2勝目。暴走の勝利。スピードも落ちなかったので適スパだったのかな?
2着はゼライゾン。ゴール直前でナスノガリバーをかわし、2着フィニッシュ。
3着はナスノガリバー。G-12を存分に活かし、コカトリステイルと競ってましたが、暴走には勝てず。
マンティスサイスはG+12であえなく9着。短いトップだったな~


イファルナ賞決勝 第2R
神殿 9月 1200m
イファルナF2印

展望
なんだか印が顔に見えます。
大まかに、内枠に追い込み型、外枠に逃げ切り型がエントリーしたレース。
内枠の羽はスタート後、切れ込んでくる外枠の羽を掻い潜ることが重要になってきそうです。

予想:2-7-9


結果

揃ったスタート。
一瞬、サイレンスセイレーンが出遅れたようにも見えましたが、自在性の故ですね。
スタートダッシュを決めたのはソラノカケラ、ニシノトウイン、アダムスピークの逃げ羽トリオ。
1番内枠のニシノトウインが先頭ゲットです。


イファルナF2ゴール

残り700m付近からスパートしたのはサイレンスセイレーン。G+12なので早スパでしょうか。
それに続いたのはテスコガビー。
外回りということもあり、直線向いてもサイレンスセイレーンのリードは僅か。
すぐ後ろにはテスコガビー、さらには内側からラフィンハートが迫ります。
残り200m地点でラフィンハートがサイレンスセイレーンを逆転。
そして突き放して、そのまま逃げ切りました。


イファルナF2結果

着順:3-7-9

1着はラフィンハート。通算2勝目。内側での絶妙なレース運びで勝利をつかみました。
2着はニシノトウイン。最後の猛追もラフィンハートに届かず。
3着はアダムスピーク。2連続で3着入賞はお見事。外枠でも崩れないのは凄いです。
先に仕掛けたサイレンスセイレーン、テスコガビーはそれぞれ失速し、7着と8着。
ブルーダリアは9着。どうも位置取りが悪いですね~


古代種記念決勝 第2R
砂浜 10月 1000m
古代種F2印

展望
砂浜1000m・・・スタート→下り坂→スパート→ゴールなので、内を獲れる先行逃げ切り型が有利だと思われます。
印はその「逃げ」のキイタナコイツが◎3つでダントツの人気。枠も5番と悪くはないです。
怖いのは出遅れ不発のみでしょうか。
2番手に来そうなのはモストフォルティシモ、ブロードピークあたりか。
リフレクシーグラは外枠&↑の羽達に比べ先行力&自在性が低めなので少し厳しいか。

予想:5-4-7


結果

ナスノモミジが出遅れ。
スタートダッシュはラピスラズリ。スタート直後からぐいぐい内角に切れ込む素晴らしいスタートを見せます。
そして下り坂で見事に最内先頭を獲ります。
一方、キイタナコイツはラピスラズリ、ブロードピークに内を獲られる展開に。


古代種F2ゴール

残り600mで仕掛けたのはリフレクシーグラ。羽群中ほどからの仕掛けで適スパでしょうか。
そしてもう1羽、フジノモリ。こちらは外からの仕掛けです。
直線向いてリフレクシーグラがトップ。
2番手にフジノモリ。3番手にはラピスラズリが付けています。
残り200m。依然としてリフレクシーグラがトップ。しかし、後続の青羽2羽との差はわずか。
しかも、後ろからキイタナコイツがスピード上げて迫ってきます。
そして・・・急にシーグラ失速。ラピスラズリに抜かれ、ゴール前では色んな羽に捕えられ・・・


古代種F2結果

着順:6-5-4

1着はラピスラズリ。古代種記念通算2勝目1番乗り。いやはや見事なレース運びでした。
2着はキイタナコイツ。最後の猛追も及ばず2着。グラビデが重くなった分、届かなかったか。
3着はモストフォルティシモ。キイタナコイツとは同タイムでしたが、少し差がありましたね。
リフレクシーグラは間一髪4着。危なかったです。
出遅れたナスノモミジは不発で9着となりました。






限定戦決勝も前半終了となる第3R。
各羽グランドファイナル無条件進出の3位以内はなるべく確保したいところです。


ガスト杯決勝 第3R
山岳 4月 3000m
ガストF3印

展望
第1、2Rの短距離と打って変わって長距離3000m。
予想印はナイトホークが1番人気に浮上。
グラビデハンデ差が少なくなり、高A3羽は生き生きとしてくるか。
マンティスサイスも2枠スタートでG+8とこれまでよりかなり軽いので、第1Rのような勝利もなくはない?

予想:3-6-2


結果

コカトリステイルがまたもや出遅れ。予選では控えていたのに、決勝ではやたらと積極的ですね。
先頭はトムキャットとインペリアルクロスの黄色対決。
内枠でスタートした分、トムキャットが先頭に立ちました。
マンティスサイスはトムキャットの背後にピタリ。
大外スタート&出遅れたコカトリステイルはやや外にいたものの、
抜群のコーナーリングであれよあれよという間にマンティスサイスの横に進出。
終盤特に何事もなく順調に進むのかな~と思っていたらアクシデント発生。
スパート前の下り坂でナスノガリバーがエビゾリ発動。
そのせいかは定かではないですが、マンティスサイスがどんどん横滑りして外へ・・・おーまいがー。


ガストF3ゴール

コカトリステイルとナイトホークがほぼ同時にスパート。
ナイトホークはコカトリステイルに先行され、なかなか追いつけません。
残りわずかとなってトムキャットが内側から猛ダッシュしてきましたが、コカトリステイルが逃げ切りました。

ガストF3結果

着順:10-3-6

1着はコカトリステイル。2連勝で3勝目1番乗り。予選通り強いです・・・
2着はトムキャット。最後の追い上げは超スピードでしたが、一歩及ばず。
3着はナイトホーク。なんとかコカトリステイルに食い下がってましたが、惜しくも3着。
スパート前、大外に行ったマンティスサイスは遅スパにより、コーナーで若干ポジション修正したおかげで5着。
大外行ったときは終わった・・・と思いましたが、不幸中の幸いでした。

イファルナ賞決勝 第3R
密林 3月 2000m
イファルナF3印

展望
グラビデによるハンデ差が小さくなったせいか、印がかなり偏った印象を受けます。
1番人気はアダムスピーク。ここまで大外スタートながら2連続3着の実力羽は今回も入賞するのか。
2番人気はサイレンスセイレーン、3番人気はテスコガビーといったところでしょうか。
ブルーダリアは今までで1番良い印のような気がします。

予想:9-4-5


結果

誰も出遅れず。
ソラノカケラがこれまで同様ぐいぐい行き、先頭ゲット。
他にはアダムスピークが良いスタートを切り、内側へ進出。
ブルーダリアは近くに青羽がいるのでどれだか分かりません!Yours↓が欲しいですね~
画面上の数字を探したら、後ろの順位なので、外にいるのは分かりました・・・orz
特に混乱もないまま終盤へ。


イファルナF3ゴール

仕掛けたのは大外のラフィンハート。圧倒的画面外です。
直線向いても画面外のラフィンハートが先頭のようです。
200m切ってカメラの視点がシフトしてようやくラフィンハート発見。でも見切れています。
ここで、レッドカノンらがラフィンハートを抜き去ります。
そしてレッドカノンが先頭でフィニッシュ。

イファルナF3結果

着順:8-7-9

1着はレッドカノン。印ではアダムスピークらに劣っていましたが、見たか!と言わんばかりの走りで通算2勝目。
2着はソラノカケラ。このレースでも狙い通りの展開で上位フィニッシュです。
3着はアダムスピーク。3着3連荘。外からのスタートでこの安定感は凄いです。
ブルーダリアは7着。青羽仲間のエクレールとナイトオブタマネギと仲良くゴールした模様。
特にエクレールとはいつも着順が近いですね。不思議な感じ。


古代種記念決勝 第3R
遺跡 4月 1800m
古代種F3印

展望
ハンデ差が縮まって印が固まってます。
印だけならキイタナコイツvsリフレクシーグラvsモストフォルティシモの構図。
割って入るのはラピスラズリ、ヴォラカムあたりか。

予想:6-8-7


結果

フジノモリ出遅れました。
2枠ヴォラカムがブロードピークをなんとか抑えて、先頭に立ちました。
キイタナコイツ、ナスノモミジがエビゾリ。
この後、ブロードピークがヴォラカムの隣から外へ流れて行きました。
真横からの映像ばかりでなんとなくですが、シーグラは外ですね・・・


古代種F3ゴール

スパートしたのはシーグラとラピスラズリ。シーグラやや早い仕掛け。まず持たないでしょうな。
すぐにキイタナコイツが追走。
直線向いた時点でシーグラわずかにリードも、内から来たフジノモリにあっさり抜かれて行きました。
フジノモリはそのまま1着でゴール。
シーグラはキイタナコイツと並ぶようにフィニッシュ。


古代種F3結果

着順:3-2-6

1着はフジノモリ。暴走成功で初勝利。予選首位がようやく本来のパフォーマンスを見せてくれました。
2着はヴォラカム。先頭を獲ったのが大きかったですね。暴走には敵いませんでしたが見事2着です。
3着はリフレクシーグラ。キイタナコイツにかわされたと思ったんですが、ラッキー♪
外スパのラピスラズリは失速して8着。
途中、内から大外へ流れて行ったブロードピークも9着に沈んだ。




さあ、限定戦決勝も前半終了。
暫定順位を見てみましょう。

ガスト杯決勝
ガストF暫定順位

予選同様コカトリステイルがトップ。2位トムキャットと4ptsの差を付けています。
決勝から参戦のナイトホークは5位とまずまず。
予選2位だったインパルスヒーローは9位とまさかの展開。巻き返しなるんでしょうか。
因みにマンティスサイスは第1Rの勝利が効いて4位にいます。後半でなんとか3位以内に入って欲しいですね。


イファルナ賞決勝
イファルナF暫定順位

ガスト杯同様、予選1位のアダムスピークが暫定首位。
これも予選同様、同ポイントにレッドカノンがいます。
また、ソラノカケラも同じく30ptsで並ぶ混戦模様。
予選では1psに上位5羽がひしめく大接戦でしたが、決勝でも僅差の勝負になりそうです。
4位には上位3羽から4pts離れてサイレンスセイレーン。3位以内に入るには暴走がカギになってきそうです。
ブルーダリアとエクレールはここでも仲良く8位と9位で並んでいます。偶然にも予選と同じ並び&順位ですね。
元気がないのは予選3位のテスコガビー。まさかの7位と決勝では不調。巻き返しに注目ですね。


古代種記念決勝
古代種F暫定順位

暫定首位はなんとリフレクシーグラ。すでに予選4レースのポイントを上回る30ptsを獲得。
2pts差でキイタナコイツ、ヴォラカムが追走しています。
予選でトップだったフジノモリは第1、2Rで躓き、5位と低迷。
同じく予選2位のモストフォルティシモも6位と苦しんでいます。


全体としてガスト杯、イファルナ賞は大方予選通りの展開。
古代種記念は予選の展開とはかなり違った印象を受けますね。

ではこの辺で失礼します。
スポンサーサイト

忘らるる都杯 1次予選 



忘らるる都杯開幕しました!

ガスト杯 第1R
神殿 1月 1800m 
ガスト1印

展望
印はばらけており、どの羽にもチャンスがありそうな印象を受けます。
「逃げ」が5羽ということで、ハイペースなレース展開が予想されます。
マンティスサイスはG+11なので、ちょいと厳しいかな?

予想:2-3-4


結果

記念すべき第1Rの始まり・・・マンティサイスのレスポンスの悪さが際立ちますw
先頭はインペリアルクロスとトムキャットの争いですが、内枠のインペリアルクロスが獲りました。

仕掛けはトムキャット。ナスノガリバー、マンティスサイスらが追走します。
トムキャット先頭で直線へ。
残り200mほどでナスノガリバーがトムキャットを捕え、ゴール。

ガスト1結果

着順:9-3-4

1着はナスノガリバー。見事な差し切りを見せました。
2着はコカトリステイル。3着にはインペリアルクロスが入りました。
トムキャットは失速して4着と残念ながら逃げ切れず。
マンティスサイスは6着。仕掛けは良かったと思いましたが全然伸びませんでしたね・・・


イファルナ賞 第1R 
砂浜 4月 2400m
イファルナ1印

展望
本命サイレンスセイレーン、対抗にテスコガビー、アダムスピーク、ラフィンハートといったところか。
流石にブルーダリアは大外だけに厳しそうですね・・・

予想:2-1-3


結果

いきなりサイレンスセイレーンが出遅れました。暴走の悪寒・・・
先頭はアダムスピークが獲りました。
大外10枠スタートのブルーダリアは殿追走です。

中盤、ブルーダリアが羽群に追いついてしまい、どんどん外へ流れて行きます・・・とほほ・・・
アダムスピーク先頭のまま終盤へ。

仕掛けたのは、サイレンスセイレーン。暴走発動でしょうか?
しばらくして後方のナスノレイアもスパートしますが、他の羽は動かず。
サイレンスセイレーンがぐんぐん後続を突き放し、直線を進みます。
ナスノレイアも追いつく気配無く、高A3羽の勝利かと思われましたが、
最後の最後に猛スピードで青い羽、アダムスピークがサイレンスセイレーンをかわしていきました。

イファルナ1結果

着順:3-1-2

アダムスピーク、見事な勝利でした。
サイレンスセイレーンは後半失速しましたが2着。
ナスノレイアが3着と、内枠の3羽が掲示板独占しました。
ウチのブルーダリアは9着・・・まあ、大外枠スタートの瞬加型なのでどうしようもなかったですね。


古代種記念 第1R
密林 5月 3200m
古代種1印

展望
イファルナ賞同様、スターさんの羽、キイタナコイツが本命。
対抗はモストフォルティシモ、リフレクシーグラ、ナイトホーク、ヴォラカムでしょうか。
ただ、3200mの長丁場だけにG+の羽は少々スタミナが心配されます。

予想:4-3-2


結果

キイタナコイツが出遅れました・・・どこかで見た光景ですw
2枠モストフォルティシモが好スタートを見せ、1枠ナスノモミジをかわして先頭を獲りました。
リフレクシーグラは内側を獲り、まずまずの発進。
キイタナコイツは先行力が高いせいもあって、大外へ流れて行きました。

序盤、ナイトホークとフジノモリの2羽がかかり合戦を繰り広げ、フジノモリが先頭に立つものの、
コーナーでモストフォルティシモが再び先頭に。
フジノモリは先程のかかりが功を奏し、リフレクシーグラの内側に進出。
したはずが、コーナー立ち上がった直線でリフレクシーグラと再度ポジション交代。
ナイトホークが外へ行くなど、各羽ポジション争いが激化しつつ、終盤へ。
スクリーンヒーローは内外を行ったり来たりしてましたが、リフレクシーグラの内側で落ち着いたようです。

仕掛けたのは大外からナイトホーク、すぐに反応を示したのはラピスラズリ。
そして先頭を走っていたモストフォルティシモ。
内側の利でモストフォルティシモが先頭で直線に入ってきます。
他の羽の仕掛けが遅くなった分、独走状態でゴールへ突き進みます。
スクリーンヒーローが迫りましたが、モストフォルティシモが悠々ゴールイン。


古代種1結果

着順:2-10-6


1着はモストフォルティシモ。まさに完勝でした。
2着はスクリーンヒーロー。10枠スタートながら見事2着。
3着はフジノモリ。ナイトホークとのかかり合戦などレースでは一際目立ってました。
リフレクシーグラが4着。やはりG+での能力補正は厳しいですね。
そして、出遅れスタートだったキイタナコイツは7着と不本意な順位でしょう。
暴走が効かなかったのか、それとも大外でのレースでスタミナ消耗してしまったのか・・・






次は1次予選第2Rです。

ガスト杯 第2R
遺跡 1月 3000m
ガスト2印

展望
ベルセルクハート、ゼライゾンが印の上では有力。
3000mの長距離レースなだけにマンティスサイスら重いG+を背負った高A3羽はスタミナが持つか試されます。

予想:3-1-5


結果

揃ったスタートでしたが、マンティスサイスらG+が重めの羽はレスポンスが遅く、出遅れた印象。
先陣を切ったのは第1R同様、トムキャットとインペリアルクロス。
次いでマンティスサイス、コカトリステイルも続きます。
トムキャットはかかりを見せ、スピードUP!
最初のコーナーで見事先頭に立ちます。

トムキャット先頭のままレースは終盤へ。
カイコノヤシロ、インパルスヒーロー、コカトリステイルの3羽がほぼ同時にスパート。
それらに対しベルセルクハート、マンティスサイスが続きます。
直線向いて、カイコノヤシロがわずかに先頭。
すぐ外からインパルスヒーローがじわりじわりと追いついてきます。
しかし、インパルスヒーローが伸びず、カイコノヤシロがそのままゴール。


ガスト2結果

着順:2-3-6

1着は金羽、カイコノヤシロ!予想では無印でしたが見事に予想を覆す走りを見せました。
2着はインパルスヒーロー。カイコノヤシロに食い下がるも捕えきれず、惜しくも2着。
3着には最後追い上げてきたトムキャットが入りました。
ゴール前混戦でしたが、マンティスサイスはなんとか8着。
なんとタイム差0.9秒!?という大接戦でした。


イファルナ賞 第2R
山岳 12月 2200m
イファルナ2印

展望
第1Rに引き続き、ラフィンハート、サイレンスセイレーンの印が良い。
一方で、テスコガビーの印が悪くなったが、果たしてどうなるか。
ブルーダリアは末脚◎だが、印通りの末脚を見せられるんかな~?

予想:1-5-2


結果

各羽揃った綺麗なスタート!ソラノカケラがぐいぐい行きます。
ソラノカケラが順当に先頭に立ちましたが、背後からニシノトウインがエビゾリ。
これによりニシノトウインが先頭奪取に成功します。
ブルーダリアは映らないうちに、またもや外へ行っちゃいました…

ニシノトウイン先頭のまま終盤へ。
先に仕掛けたのはサイレンスセイレーン。外からですが、果敢に行きます。
すぐさまソラノカケラ、エクレールが内側から追っかけスパート。
コーナーリングでソラノカケラが先頭に。
ソラノカケラ、エクレール、ラフィンハート、レッドカノンによる激しいデッドヒート。
残り200m過ぎでラフィンハートが抜け出し、そのままフィニッシュ。
後続がいっぱいなだれ込んできましたが、外から来た青羽が2着か?


イファルナ2結果

着順:1-2-5

1着はラフィンハート。第1Rの遅れを取り戻す重要な勝利!
2着はブルーダリア!?かなり遅いスパートだったと思いましたが、予想外の結果でした。
3着はソラノカケラ。先頭を奪われるアクシデントがありながらも、見事3着入賞です。
外から仕掛けたサイレンスセイレーンは9着に沈みました。
2着から8着までは0秒8の僅差で明暗が分かれる形となりました。


古代種記念 第2R
神殿 3月 1600m
古代種2印

展望
第1R同様キイタナコイツの印が良いです。
対抗としてはリフレクシーグラ、ヴォラカム、モストフォルティシモか。
このマイル戦を制するのはどの羽になるんでしょうか。

予想:5-4-3


結果

ナスノモミジが出遅れました。
先頭争いはラピスラズリが制していました。
ナイトホークはG+11という重いハンデで、スタートダッシュが出来なかったようですね。
ここでもナイトホークとキイタナコイツがかかり合戦でレースを湧かせてくれます。
負けじと外でフジノモリもかかってくれましたw

そうこうしているうちにコーナーへ。
コーナーでナスノモミジが弾かれました。弾いたのはヴォラカムでしょうか?
弾かれたナスノモミジは怒りのスパート!
羽群に突進し、抜け出します。その際に、モストフォルティシモが弾かれました。
また、ラピスラズリもスパート。さらにはキイタナコイツも追走します。
内側からスパートした分、ラピスラズリが直線で先頭に立ちます。
ナスノモミジ、キイタナコイツが伸びず、ラピスラズリがそのままゴールしました。


古代種2結果

着順:2-8-6

1着はラピスラズリ。末脚が最後まで持続し、見事な勝利を収めました。
2着はフジノモリ。ラストで怒涛の勢いで他の羽をかわしていきました。
3着はナスノモミジ。スパート直前に弾かれるアクシデントがあったものの、暴走効果で入賞。
4着はキイタナコイツ。未だ一番人気の走りを見せるには至っていない模様。
リフレクシーグラ、モストフォルティシモ、ヴォラカムの印良さげトリオが8~10着に沈みました。






早くも1次予選の半分が終了し、後半へ突入します。

ガスト杯 第3R
密林 9月 1600m
ガスト3印

展望
マンティスサイス、コカトリステイル、ゼライゾンのガスト杯高A3羽が3~5枠に陣取っています。
たとえG+があろうと印が良いのはもうおなじみですね~
他ではスタートダッシュが得意なトムキャットも印が良い印象です。
ただ、このレースは1枠のインペリアルクロスが先頭で進みそうです。

予想:4-5-1


結果

出遅れはなし。
予想通り、1枠インペリアルクロスが先頭に立ちました。
バックストレートでコカトリステイルがインペリアルクロスの横からエビゾリ強襲で先頭奪取!

そして、コカトリステイル、スパート。ゼライゾン、カイコノヤシロが追っかけます。
直線向いて、コカトリステイルが後続に対し、かなりリードしています。
ナスノガリバー、インペリアルクロスらの姿も垣間見えましたが、一向にスピードが落ちずにそのままゴール。
なお、2着以下は大混戦でした。


ガスト3結果

着順:4-7-6

1着はコカトリステイル。高A3羽の真骨頂、ようやく初勝利です。
2着はトムキャット。3着のベルセルクハートらとは僅差でしたが、2着入賞。
3着はベルセルクハート。外から勢いよく追い上げ、3着に入りました。
2着~9着まで0秒7差という大接戦の中、コカトリステイルが強さを見せたレースでした。


イファルナ賞 第3R
遺跡 6月 1000m
イファルナ3印

展望
ガスト杯同様、高A3羽であるサイレンスセイレーン、テスコガビー、アダムスピークが内枠スタートとなります。
1000mという短距離だけに先行力のある羽が逃げ切りを演じる展開になりそうです。
なので、ブルーダリアは無理ですね。

予想:4-3-2


結果

出遅れの訪れ、サイレンスセイレーン。今回は暴走成功なるか?
先頭はアダムスピークが獲りつつある、というところで早くもスパートしたサイレンスセイレーン。暴走発動!?
1000mのレースであと800m以上ありますが、持つんでしょうか。
羽群が形成されていない状態ということもあり、ロスも少なめで抜け出し、やや外のポジションで先頭を猛進。

残り700m付近からテスコガビーがこの暴走白羽(♀4歳)を追いかけます。
直線を向いてサイレンスセイレーン先頭。
テスコガビーも良い具合にスピードに乗ってきているように見えますが、
前を行くサイレンスセイレーンとの差がそれほど縮まりません。
最後、流石に消耗したのか失速しますが、サイレンスセイレーンが他羽を振り切りそのまま先頭でゴール。
サハギンさんは「並んだままゴールイン」と言ってましたが、結構差がありましたね。

イファルナ3結果

着順:2-4-3

1着はサイレンスセイレーン。暴走早スパで見事な勝利。
2着はアダムスピーク。最後追い上げてきましたが、一歩届かず。
3着はテスコガビー。サイレンスセイレーンの暴走に喰らいついて行きましたが、消耗が激しかったようですね。
青羽が多いのでどれが自分の羽か分からんのですが、ブルーダリアは6着だったようです。
短距離・外枠・瞬加型では流石に勝ち目なかったですね~


古代種記念 第3R
山岳 2月 1200m
古代種3印

展望
無印4羽とかなり印が偏った感じです。
これまた短距離レースなので、どれだけ内側でスパートするのかがカギになるでしょう。
さりげなく末脚◎のリフレクシーグラ。3枠スタートということもあり、チャンスです。

予想:3-2-1


結果

キイタナコイツが出遅れました。サイレンスセイレーンの再現なるか?
先頭はブロードピーク、ナイトホークが並んでいます。

仕掛けたのはフジノモリ。ですが、ヴォラカムやリフレクシーグラに阻まれ、大幅にタイムロス。
しかも大外からの仕掛けとなってしまいました。
それをしり目にモストフォルティシモが最内からのスパートであっという間に逆転します。
坂を上りきった時点でモストフォルティシモ、フジノモリが並んでいましたが、
徐々にモストフォルティシモが突き放しにかかります。
フジノモリを突き放したモストフォルティシモでしたが、ナイトホークが猛烈な追い上げ、そして・・・。


古代種3結果

着順:6-2-4

1着はナイトホーク。見事な追い上げで初勝利を掴みました。
2着はモストフォルティシモ。惜しくも2着。ゴール直前で2勝目が逃げて行きました。
3着はスクリーンヒーロー。無印ながらさりげなく3着入賞。もう少しで2着に届きそうでした。
ちょっと期待していたリフレクシーグラは4着。瞬発不足か・・・
キイタナコイツは8着と第1Rに続き不発だったようですね






いよいよ1次予選最終レースです。
薄々感づいてはいましたが、古代種記念出走のナイトホーク。年齢制限でアウト・・・
後のレースも含め、オープン参加という扱いで参考記録として扱われるようです。
第3Rでは見事初勝利を挙げていただけに残念ですね。
予選決勝ではガスト杯に配属される模様です


ガスト杯 第4R
都市 4月 2400m
ガスト4印

展望
1次予選で初となる都市でのレース。
ゼライゾン、トムキャット、コカトリステイルらが良さげな印です。
マンティスサイスも悪くはないですが、これまでの着順が6-7-8と来ているので、嫌な予感がしますよ!
また、全ての羽に印があるので混戦になるやもしれません。

予想:4-6-8


結果

誰も出遅れずにスタート。ガスト杯はおとなしいですね~
3枠インペリアルクロスが先頭に立ちます。
マンティスサイスはスタートは相変わらず悪かったものの、インペリアルクロスの背後にピタッと付きました。
大きな動きがないままレースは終盤へ向かいます。

最初に仕掛けたのは外のナスノガリバー。
次にトムキャット、そしてマンティスサイスが続きます。
直線向いて、トムキャットとマンティスサイスが並んでいます。実はナスノガリバーが先頭ですが、画面外!
ややズームアウトしてナスノガリバーが映り、先頭がナスノガリバーだと判明。
したのも束の間、マンティスサイスに抜かれてしまいました。
マンティスサイス悲願の初勝利なるかというところでピンクの羽が颯爽と登場してゴールインしました。
またまたゴール前は混戦でした。


ガスト4結果

着順:4-2-6

1着はゼライゾン。最後の追い上げお見事でした。
2着はマンティスサイス。これで3羽とも入賞達成。やったね♪
3着はインパルスヒーロー。やや外でのレースとなりましたが、追い込んで3着フィニッシュです。
最初にスパートしたナスノガリバーは失速してまさかの最下位。
また、トムキャットも失速が響き、8着に沈んだ。


イファルナ賞 第4R
密林 2月 2000m
イファルナ4印

展望
第3Rで好成績だった高A3トリオの印がまたもや良いです。
ただ、1枠ラフィンハートは第2Rで1枠スタートで見事な勝利を挙げていますので注目ですね。
1次予選はあと2レース。そろそろ初勝利が欲しいですね~

予想:1-3-5


結果

サイレンスセイレーンが出遅れたのかと思いましたが、レスポンスが悪かっただけのようで一安心w
先頭に立ったのはソラノカケラ。流石の先行型です。
ニシノトウインがかかってきますが、何とかやりすごします。
因みにブルーダリアは大外へちょっくら行ってます。マヂか・・・
そんなこんなでレースは終盤へ。

やや外からアダムスピークが仕掛けます。
次にソラノカケラがスパート。絶妙なコーナーリングで先頭を奪い返します。
しかし、残りわずかなところで後方からやって来たレッドカノンに差されてしまいます。


イファルナ4結果

着順:3-4-8

1着はレッドカノン。ソラノカケラの後ろでレースをしていたこともあり、
2着はソラノカケラ。最後にレッドカノンにかわされましたが、先行逃げ切りの模範と言えるレース運びでした。
3着はテスコガビー。僅差でラフィンハートに競り勝ちました。因みに3度目の3着でした。
アダムスピークは失速して7着。
ブルーダリアは特に目立った活躍無く9着・・・今後に不安の残る予選となりました。


古代種記念 第4R
砂浜 12月 1800m
古代種4印

展望
1次予選最終レース。
キイタナコイツの印が相変わらず良いです。
ヴォラカム、リフレクシーグラ、モストフォルティシモも相変わらず対抗羽といったところか。
前述の通り、ナイトホークはオープン参加となりますが、最後まで頑張って欲しいですね。
あと、リフレクシーグラに期待を託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託託します!

予想:7-9-3


結果

1次予選最終レースは誰も出遅れず。
先頭はラピスラズリ。キイタナコイツは真横にポジショニング。
リフレクシーグラは外へ流れて行った~YO・・・

スパートはフジノモリ、ナイトホーク、リフレクシーグラがほぼ同時。
内側の利で直線を向いたときにはフジノモリが大きくリード。
残り200m過ぎて、キイタナコイツがぐんぐんフジノモリに迫ります。
そして、ゴール前でかわしてゴールイン。


古代種4結果

着順:3-4-1

1着はキイタナコイツ。暴走無しでも勝てる羽。今更ながら凄いですね~
2着はフジノモリ。位置取り、仕掛けと良かったと思いますが、最後の最後で抜かれてしまいましたね。
3着はラピスラズリ。スパートがもう少し早ければ、第2Rに続いての勝利があったのかも・・・
リフレクシーグラは7着。外でレースをすると勝てる気が失せますね~


以上で忘らるる都杯1次予選が終了しました。

1次予選の順位は以下の通りです。

ガスト杯
ガスト1次予選順位


イファルナ賞
イファルナ1次予選順位


古代種記念
古代種1次予選順位



ただし、今回は出走羽数が少ないため、2次予選は実施されず、
そのまま各限定戦の決勝が行われることになります。
1次予選で好調だった羽をそれを維持できるか、それとも奮わなかった羽が本領発揮となるか俄然注目ですね。
それではこの辺で失礼します。

念願の○○を手に入れたぞ!

ちょっと前のお話ですが・・・

東京の某ブックオフでチョコボスタリオン解体新書をゲットしました!

値段は105円でした。電車賃の方が高いぜよ!
因みに、購入してませんが、チョコスタは105円、チョコボコレクションは1050円でしたね。

全書を読んでみて、フムフム・・・今更な情報ばっかでした・・・

とはいえ、チョコスタやってる身としては所持しておきたかったので、手に入って良かったです。

忘らるる都杯 出走羽紹介



忘らるる都杯の出走羽紹介です。

参加者は9名26羽、それに主催のサンシャインさんの3羽を加えた29羽でEXが行われます。

今大会はガスト杯、イファルナ賞、古代種記念に分かれており、
各カテゴリーは以下のようになっています。

ガスト杯:4歳以下

イファルナ賞:牝羽限定

古代種記念:5歳以上

グラビデは多くの大会で基準とされるA3だけでなく、独自のS(先×3+瞬×4+加×3)値を基準としています。


なお、私は3羽出走させています。

ガスト杯 マンティスサイス A3:169
イファルナ賞 ブルーダリア A3:146
古代種記念 リフレクシーグラ A3:162

と、比較的A3が高い羽で挑戦です。

マンティスサイス、リフレクシーグラの2羽はとりあえず1勝でもしてくれれば上出来だと思います。
ブルーダリアは第二のウォーターハードになってくれることを期待しています。

のこのこの生息数
プロフィール

あおのこのこ

Author:あおのこのこ
性別:男
生年:1984年
出生:高知県
出身:神奈川県
趣味:昼寝、カラオケ
好きな食べ物:ネギトロ、納豆

↓チョコスタ自己記録↓
価格:148ギル
A1:153
A2:149
A3:176
A4:165
A5:152
先:192
瞬:191
加:183

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。