スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の産み分け速報

スターCも登録期限が迫って参りました!

レるりサび けヅビヅデる ヅかアスぬ ヅズしヅトウ でビねドけヅ ヅヅきざぃ

ほげえ!!!

高A3羽で自在Cは痛すぎる・・・

でもA3自体は2位なので、一応登録しておいて、産み分けに戻ります。




追記
↓登録しました


サンダーアジール ♂ 133ギル
羽色:黄 額羽:赤 体格:中 体型:普通 元の源流:カカオマス

コがゆスサぜ されビヂきデ モかキデぬ ヅズしスノハ きづろしちじ ヅきこオぃ

先行:177 長距離:87 瞬発:175 持続:134 底力:96 自在性:72 加速:170 A3:174
祭:13 周:なし 温:寒 ダート:△

何とか自在性72ありました。
持続と交換できないもんかな~
スポンサーサイト

EX初勝利?



スターC募集締め切りまであと数日。
参加予定の皆さんはもう登録済みでしょうか?
私はまだです・・・ということで、せっせと産み分け中です。


生まれるまで小話を一つ。


アズライトダート ♀ 137ギル
羽色:青 額羽:赤 体格:高 体型:普通 元の源流:サウザンアイランド
ルぞぞドちづ やなしヂナめ なかこなま ヅばさスナウ ワりらデビさ ヅきされぃ
先行:164 長距離:118 瞬発:164 持続:113 底力:164 自在性:110 加速:155 A3:161
祭:12 周:左 温:暑寒 ダート:△

少し前に生まれたこの羽をぴくたさんのニコ生にて走らせてもらいました。
生配信でEXを見るのが久々で、何だかわくわくして嬉しかったです。

その後、ウミノカケラも走らせてもらい、なんと1着を獲ることが出来ました。念願の勝利!?
Chocobo Meetingでは本領発揮とはならなかったので、すごく嬉しかったですね。
ぴくたさん、ありがとうございました。

最強羽は誰だ!?

最高A3羽、シロマアイオライトが生まれて早半年。

自牧場の最強羽はどれなのか、第2回スターCに出す羽の選考も兼ねたA3上位10羽によるレースを行いました。




密林 3月 1000m

予想印
TOP10-印

因みにA3が高い順に内枠です。
流石にシロマアイオライトが1番人気です。印から判断するに暑い適用ではないですね。
なお、フロストベイト、マンティスサイス、カカオストリーム以外の6羽がアイオライトの子供ですw
果たして父親に勝てるんでしょうか?




道中
TOP10レース

自在性が低いアイオライトはやや遅れ気味。
アイランドグリーン、オーガストグリーンといった高い先行力を誇る羽が一歩リード。
残り700m辺りで大外のカカオストリームがスパート。
グリーンアノールが続きます。
シロマアイオライトは600m過ぎてからの遅いスパート。

グリーンアノールが残り100mほどまで先頭でしたが、失速。
シロマアイオライト、アイランドグリーンに抜かれました。




結果
TOP10-結果

結局、印通りシロマアイオライトが1着でした。親父強いな。
アイランドグリーンは途中までアイオライトに追走していましたが、最後離されてしまいました。
子供たちの親父越えはなりませんでした。




感想等
アイオライト貫録勝ち。まあ予想通りです。
稀に、早スパで最後失速して抜かれて2着とかはありますが、大抵は勝ってしまいますね。
枠順も大外以外なら勝率は高いです。
というのも、ウチの牧場には高A3の暴走羽がいないので、レース自体が安定した展開になりがちです。

あと、アイオライトが生まれるまで最強羽だったフロストベイトが全く太刀打ちできないのは何だか寂しいですね。

3000

帰省している間にカウンターが3000を突破しました。

訪問して下さって頂いた皆様、どうもありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。

更新頻度が落ちていますが、何とか頻度を上げて続けて行きたいと思います。



Chocobo Meeting 後半



Chocobo Meeting残り3レース。
現時点でスターさんのフォースナイトメアがトップ。
このまま突っ走るんでしょうか。


第4R
都市 3月 1800m
4印

展望
暫定順位が低い順に内枠に入ったためか、外枠に印が固まっています。
ウィザードブレス、モンテローザ、ウミノカケラが良い印です。
一方で大外フォースナイトメアが今までで最高の印というのが最高に不気味です。

予想:10-6-4


結果

ナスノアカツキが出遅れ。
先頭はウィザードブレス。ウミノカケラ、ゴールデンファンネルが続きます。
フォースナイトメアは殿追走。
カプチーノがかかり発動で先頭奪取。
そのあおりを受けてゴールデンファンネルが大外へ移動します。

仕掛けたのは最後方からフォースナイトメア。
ナスノアカツキが丁度良いタイミングでスパートしたため、フォースナイトメアはほとんどロスなく羽群突破。
直線向いてフォースナイトメアがややリード。
ナスノアカツキが懸命に食らいつきますが、徐々に差が開き始めます。
またもやフォースナイトメアかと思われましたが、最後の最後でナスノアカツキが逆転に成功しました。


4結果

着順:5-10-6

ナスノアカツキ無印からの2勝目。お見事です。
これで今大会、フォースナイトメアとナスノアカツキが2勝ずつという状況。
やはり暴走羽は止められないですね。
ウミノカケラは9着。おおう。前回の記事で恐れていたことが・・・




第5R
遺跡 1月 2200m
5印

展望
モンテローザ再び印ぐりぐり。
フォースナイトメア、ナスノアカツキら暴走羽を抑えて悲願の初勝利なるんでしょうか。
そして、ウミノカケラ。2枠ながらすぐ外の3枠にウィザードブレスが控えている状況。
厳しいレースになりそうな予感です。
どうでもいいですが、この遺跡2200mという競羽、結構好きです。

予想:5-8-9


結果

フォースナイトメア出遅れ。もうやめちくり~
内枠の「逃げ」3羽がいつもの順番でレースを先導します。
そして、スパート位置までにしっかり差を詰めるフォースナイトメア。試合巧者です。

モンテローザがスパート。
それを見てフォースナイトメア、れっつらご~!
見る見るうちに差を詰めていくフォースナイトメア。
そして、あっという間にモンテローザをかわし、去って行きました。


5結果

着順:9-8-4

その差2秒。恐るべき羽です。その名に違わぬ悪夢のような羽。
ウミノカケラ・・・とうとう粉末になる時が来たか。




暫定順位
暫定順位2

残り1レースとなり依然トップはフォースナイトメア。
2位とは9pts差とダントツで、優勝をほぼ手中に。
最終レースで最下位でもモンテローザが1着でなければ優勝決定です。
一方3位以下は混戦模様。
因みにウミノカケラは連続9着が響き、暫定9位と大きく順位を落としています。






第6R
神殿 3月 2000m
6印

展望
いよいよ最終レースです。
ウミノカケラ、レッドアマゾン、モンテローザが良い印です。
無理でも何でもいいから最後に勝って欲しいです~

予想:2-5-9


結果

最終レースは揃ったスタート。
ウミノカケラが軽快に飛ばして先頭を獲ります。その意気や!
道中、最後だからと言わんばかりに各羽かかりまくり。
危なかったものの先頭死守。

残り800m過ぎてスパートしたのはフォースナイトメア。
少ししてカプチーノらもスパート。
フォースナイトメア大きなリードを築き直線へ。
デマチヤナギが必死の追い上げを見せるも、フォースナイトメアが何とか逃げ切った。


6結果

着順:10-8-2

フォースナイトメア4勝目。言うことないです。はい。
ウミノカケラ3着。精一杯やったね。お疲れ様。


以上で全レースが終了しました。
最終結果を見て終わりにしたいと思います。




7~10位
7~10位

残念ながら下位となってしまった羽達です。
掲示板に載るor先頭争いを繰り広げる等見せ場はあったもののポイントを稼げず下位に沈みました。
レースお疲れ様でした。


4~6位
4~6位

中位はこの3羽。
前半で9位だったデマチヤナギは大きく順位を上げて4位でレースを終えました。
5位のナスノアカツキは2勝したレース以外では下位に沈んだのが痛かったですね。
ウミノカケラはギリギリ6位。前半は上々でしたが、第4・5Rの連続ブービーが悔やまれます。


3位
3位羽レッドアマゾン

3位はぴくたさんのレッドアマゾンでした。おめでとうございます。
ぴくたさんのコメント通り、大崩れしない走りで着実にポイントを稼ぎ、3位を獲得しました。



準優勝
準優勝羽モンテローザ

準優勝はpxppxさんのモンテローザ。準優勝おめでとうございます。
印では抜群でしたが、規格外のイレギュラーには歯が立ちませんでしたね。
あまり気にしてませんでしたが、牝羽だったんですね。


優勝
優勝羽フォースナイトメア

優勝はフォースナイトメア。スターさん、優勝おめでとうございます!
今大会は始まりから終わりまでフォースナイトメア劇場でしたね。
4勝を含む5回掲示板と圧倒的な強さを見せ、本当に同じA3なのかと思いました。


最終順位・ポイント
最終順位

こうしてみると1羽だけ確実におかしいですw
もしかして八百長とかドーピングの疑いが・・・!?
まあ、冗談は置いといて、改めましてフォースナイトメアならびにスターさん、優勝おめでとうございます。
参加した羽主の皆さん、お疲れ様でした。
主催のぴくたさん、EX主催ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

長くなりましたが、以上で記事を終えたいと思います。


Chocobo Meeting 開催・前半



開催からかなり経ちましたが、ようやくの記事作成になります。

ぴくたさん主催のChocobo Meetingです。

A3:140制限でのハンデ無しというシンプルなルールで行われる(た)EXです。

出走羽は主催のぴくたさんの羽も含めて10羽。

因みに私の羽はこちら↓

出走羽ウミノカケラ

以前行われた壱村さん主催の第1回Chocobo Combat S 用に調整した先行型です。
お蔵入りするのは余りにも忍びないので、今回の出走と相成りました。
能力はオールA。
他の参加羽と比べ、瞬発不足ですが、そこは総合力でカバーしたいところです。





第1R
密林 4月 3200m
1印

展望
おお!長距離ということもあってかウミノカケラが印ぐりぐり。流石オールAです。
1枠フォースナイトメア、6枠レッドアマゾンも印は悪くはありません。
最初のレース。まずはスタートダッシュを決めたいところです。

予想:1-8-4


結果

各羽一斉にスタート。
ゴールデンファンネルが良いスタートを切り、先頭に立ちます。
ウミノカケラは2番手のポジション確保。
それにしても、やたらとウミノカケラがかなり大きく見えます。やせ型が多いせいでしょうかね。
途中カプチーノがかかり、一旦先頭に立ちますが、コーナーで再びゴールデンファンネルが先頭奪取。

仕掛けたのはウミノカケラ。
う~む。やや早いスパートです。持つのかな~
他にはレッドアマゾンもスパート。

直線向いて、ウミノカケラがレッドアマゾンに捕えられます。
しかし、再度ウミノカケラが抜き返します。
喜んだのもつかの間、猛スピードで迫る黒羽にあっという間に差されました。


1結果

着順:1-8-6


開幕戦はフォースナイトメアが制しました。
ウミノカケラは惜しかったですが、瞬発の差はどうしようもなかったですね。




第2R
砂浜 11月 1000m
2印

展望
第1Rと打って変わって、モンテローザ1色。
ゴールデンファンネル以外に印が分散している状況なので、混戦となりそうです。

予想:5-1-4


結果

ナスノアカツキが出遅れました。
ウィザードブレスが一気に駆け下り先頭に立ちます。
ウミノカケラも負けじと付いて行きます。

仕掛けたのは最後尾のフォースナイトメア。
そこのけそこのけと言わんばかりに突っ込んでいきます。
直線向いてフォースナイトメアが先頭。
しかし、後方に赤青の大群が押し寄せています。
そして、失速し始めたフォースナイトメアをかわしたナスノアカツキが1着でフィニッシュ。


2結果

着順:3-1-6


ナスノアカツキが勝利。フォースナイトメア連勝ならず。
ウミノカケラはフォースナイトメアと同タイムながら5着とまずまず。
1番人気のモンテローザは4着と印通りにはならず。
第2レースはタイム差1.3秒の大接戦でした。




第3R
山岳 5月 1200m
3印

展望
海から山に舞台を移して3戦目。
山でもモンテローザが1番人気。
内枠のデマチヤナギ、ゴールデンファンネル、ウィザードブレスも良い印です。
ウミノカケラも良い印ですが、どうなりますやら。

予想:1-7-3


結果

フォースナイトメアが出遅れました。
先頭はウィザードブレス。
2番手ウミノカケラ、3番手ゴールデンファンネルといつもの面子で先頭集団を形成します。

仕掛けたのはナスノアカツキ。
その後、各羽スパート。
その中で1羽だけ明らかにスピードが違う黒羽がいました。
フォースナイトメア・・・コーナーを外からぶち抜く驚きの走りを見せます。
そして、直線向いて先頭に立ったフォースナイトメアはますますスピードを上げ、他を寄せ付けずゴール。


3結果

着順:5-1-3

フォースナイトメア、暴走で2勝目。2着のデマチヤナギとは1秒差と完勝でした。
ウミノカケラは8着と調子を落とし気味です。




暫定順位
暫定順位

頭一つ抜け出したのは2勝を挙げたフォースナイトメア。
ウミノカケラは瞬加型が多い中、4位と健闘中。
ただ、着順が徐々に下がってきているのが不安ですね。

フォースナイトメア独走状態に待ったをかけるのはどの羽になるんでしょうか。
後半は次の記事で。

帰省

久々の記事になりますが、チョコスタ関連ではないので、あしからず。


入院している父方の祖父の見舞い&ご先祖様のお墓参り等のため、久しぶりに帰省していました。


目に見えて分かる祖父の衰えにショックを隠し切れなかったです。
何が1番ショックかというと、痴呆症が進んでいるため、私を認識できていないということですね・・・
まあ、90歳をとうに超えているので、仕方ないとは思うんですけど。


また、私の一族はほぼ高知に居るので、母方の祖母にも会いに行きました。
だいぶ耳が遠くなってはいましたが、食欲旺盛だったので安心しました。
私が作った手巻き寿司を「おいしいおいしい」言うて食べてくれたのは感激でした。
帰り際にも「ほんとおいしかった」と言ってくれたんで嬉しかったです。
感激のあまり、泣きそうになりました。
祖母も夫(祖父)を亡くして四半世紀以上の独り暮らしだったので、孫の手料理が食べられて感激だったようです。
親孝行ならぬ祖母孝行が少しでもできてよかったです。



因みに、羽田空港で林家ペー&パーを見ました。
マジでピンク一色でした。
7、8年くらい前に近所のスーパーで見た鈴木司郎以来の芸能人目撃でした。

忘らるる都杯 優勝決定戦



長きにわたる戦いの末、たどり着いた決戦の舞台。
2羽の競走羽が悲願の栄冠を掴むべく最後の激突。



スタートダッシュを決めるインペリアルクロス。一方で出遅れたサイレンスセイレーン。
EX1.png

先に仕掛けるインペリアルクロス。
EX2.png

猛追サイレンスセイレーン。逃げるインペリアルクロス。
EX3.png

そして決着の瞬間・・・
EX4.png



忘らるる都杯優勝羽サイレンスセイレーン

勝者はサイレンスセイレーン。
忘らるる都杯優勝おめでとうございます!

敗れたインペリアルクロスも最後までよく戦い抜きました。お疲れ様でした。

それでは最終順位を確認しましょう。




忘らるる都杯結果
GF最終順位

優勝:サイレンスセイレーン
圧巻の出遅れ暴走で通算5勝を上げ、見事栄冠に輝きました。スターさんおめでとうございます!

準優勝:インペリアルクロス。
最後の最後で涙を飲みましたが、1次予選最下位から準優勝まで上り詰めたのは素晴らしいと思います。

3位:コカトリステイル。
楽に優勝だと思いましたが、まさかの結果。まさに勝負は最後まで分かりませんでした。

4位タイ:リフレクシーグラ
勝利こそなかったものの、古代種記念優勝羽の意地で古代種記念出走羽のなかでは1番でした。

4位タイ:アダムスピーク
予選から大崩れしない走りで入賞7回という安定感を見せましたが、決勝では本調子ではなかった模様。

6位:キイタナコイツ
第2Rでの最下位がかなり響いてこの順位になってしまいましたね。

7位:ソラノカケラ
瞬発に劣る先行羽ながらも、自分の走りを貫き、堂々見事1勝をあげました。

8位:トムキャット
ガスト杯では安定した走りでコカトリステイルに肉薄しましたが、グランドファイナルではいまひとつな結果に。

9位:ブロードピーク
2次予選から大逆転を狙うも過密日程で足に来たようです。参加羽中最多の24レース出走、お疲れ様でした。

10位:ヴォラカム
1次予選の不調がぶり返したか、古代種記念決勝で見せた走りを見せられず。

11位:モストフォルティシモ
第4Rで勝利を挙げてエンジン全開と行きたかったですが、エンストで順位を上げられず。

12位:ラピスラズリ
最終予選までは好成績を収めるも、一転、下位に沈む結果に。因みに6歳羽ではトップです。




最後に各部門賞を受賞羽達を紹介です。


総合優勝
サイレンスセイレーン 羽主:スターさん
sp1.png
イファルナ賞、グランドファイナルと優勝。この大会の覇者として文句ない成績でした。
総合優勝おめでとうございます!


優秀羽
インペリアルクロス 羽主:pxppxさん
sp2.png
プレーオフの末、惜しくも準優勝。それでも堂々たる結果です。
受賞おめでとうございます!


最多勝率羽
サイレンスセイレーン 羽主:スターさん
コカトリステイル 羽主:スターさん
sp3.png
ともに16戦5勝で31.3%の高い勝率をたたき出したサイレンスセイレーン、コカトリステイルが同時受賞です。
おめでとうございます!
スターさんのもう1羽、キイタナコイツは20戦3勝。
スターさんは羽主として52戦13勝で25%の勝率でした。いやはや凄いです。
因みに私は44戦1勝で2.3%。う~ん・・・歴然たる差です。


三冠羽
サイレンスセイレーン 羽主;スターさん
sp4.png
見事三冠達成!おめでとうございます!
コカトリステイルも二冠に輝くなどスターさんの羽は大活躍でした。


セブンスヘブン賞
フジノモリ 羽主:まろさん
スクリーンヒーロー 羽主:Victoire Pisaさん
sp5.png
最も多く7着を獲得した羽に贈られるセブンスヘブン賞はフジノモリとスクリーンヒーローでした。
グランドファイナルへは進めなかった両羽ですが、ともに1勝ずつするなど見せ場を作りました。
そして、運良く?当賞受賞です。おめでとうございます!?
因みに私の羽だとブルーダリアが3回、リフレクシーグラとマンティスサイスが1回ずつでした。
惜しいな・・・ブルーダリア。


絆賞
ソラノカケラ・トムキャット 羽主:壱村さん
ナスノガリバー・ナスノレイア・ナスノモミジ 羽主:サンシャインさん
sp6.png
様々な条件で獲得する絆ポイント、計10ポイント獲得した壱村さん、サンシャインさんが受賞です。
私は多分9ポイントかな?



以上で忘らるる都杯も閉幕となります。
出走したチョコボ達、羽主のみなさん、お疲れ様でした。
そして主催のサンシャインさん、このたびのEX開催ありがとうございました。
また長きにわたる運営本当にお疲れ様でした。ありがとうございます!




次はぴくたさん主催のChocobo Meetingです。
すでに動画も上がってますが、遅れを取り戻すよう書いていきたいと思います。

また、スターさん主催のEX、スターCは参加者絶賛募集中です。
興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

ではこの辺で失礼します。


忘らるる都杯 グランドファイナル後半戦



いよいよ忘らるる都杯も残すところ3レースとなりました。
どの羽が栄冠に輝くのか、大注目のグランドファイナル後半戦開始です。


第4R
都市 8月 2400m
GF4印

展望
同ポイントで5羽が1位に並んでいますが、1次予選の成績が悪かったリフレクシーグラは8枠からのスタート。
印がややばらけた感じがしますが、1番人気はアダムスピーク。
キイタナコイツ、サイレンスセイレーンが対抗となるか。
1枠のモストフォルティシモも良い印。
後半戦抜け出すのはどの羽になるのか。

予想:7-1-5


結果

キイタナコイツが出遅れ。第3Rのように暴走するんでしょうか。
先頭はインペリアルクロスが獲りました。
バックストレートに向かうところでシーグラが大外へ。結構いい位置に居たのに・・・orz
インペリアルクロス先導のまま終盤へ。

残り800mでキイタナコイツがスパート。またもや暴走でしょうね。
しかし、これまた大外スパートゆえに画面外なのでどの程度後続と差があるのか分かりません!
2番手はラピスラズリ。視聴者には見えない暴走羽を追いかけます。
残り200mを切り、ようやくカメラに映ったキイタナコイツ。まだかなりのリード。
ゴール手前、第3R同様やや失速し、その隙にモストフォルティシモがかわしていきました。


GF4結果

着順:1-7-5

暫定最下位のモストフォルティシモが起死回生の勝利。
キイタナコイツは暴走もばててしまい2着。
インペリアルクロスが3着に入りました。
シーグラは痛恨のベベタ。優勝争いから一歩後退です。




第5R
密林 2月 1600m
GF5印

展望
サイレンスセイレーン1番人気でアダムスピーク2番人気。
イファルナ賞でも凌ぎを削った両羽がここでも火花を散らすでしょうか。
キイタナコイツも印が良いのが不気味です。また出遅れやがるんじゃないだろうな。
シーグラは1枠スタートを何とか活かして欲しい。

予想:4-5-1


結果

誰も出遅れず。ほっとしました。
ソラノカケラ、トムキャットに先行を許すシーグラ。まあ、仕方ないです。
ソラノカケラが楽々先頭に立ちます。
トムキャットが横にスライドしたおかげでシーグラはソラノカケラの背後をゲット♪
トムキャットがエビゾリしますが、イマイチ伸びません。
シーグラとトムキャットの間にするするっと入ってきたのはコカトリステイル。
するとエビゾリで、ソラノカケラから先頭奪取。

スパートしたのはアダムスピーク。
そしてキイタナコイツもほぼ同時に三度大外から仕掛けます。
直線向いてアダムスピークが先頭。後続を突き放しにかかります。
しかし、残り200m辺りで失速。
内から上がってきたコカトリステイルにかわされます。
そしてコカトリステイルがそのままゴール。


GF5結果

着順:7-1-2

コカトリステイルがグランドファイナル初勝利。優勝に向けて大きな勝利。
シーグラは追い上げ届かず2着。グランドファイナルだけで3度目、通算5度目。
3着にはソラノカケラが入りました。
キイタナコイツは11着と暴走不発。




残すところ第6Rのみとなったところで順位の確認。

グランドファイナル暫定順位(第5R終了時)
GF暫定順位2

コカトリステイルが2位アダムスピークに6ptsの差を付け、ぶっちぎりでトップ。
第6Rで6着以内に入れば文句無しの優勝です。7着以下でも優勝の可能性は大いにあります。
一方、2位アダムスピーク以下は厳しい状況。
シーグラも8pts差の3位タイですが、第6Rは大外11枠スタートなのでかなり厳しいです。
また、9位以下ヴォラカム、ブロードピーク、ラピスラズリ、モストフォルティシモは優勝の可能性が消滅。
ブロードピークは2次予選からの大逆転ならず。

コカトリステイル逃げ切りなるか。それとも大逆転があるか。
いよいよラストレースです。




第6R
遺跡 4月 3000m
GF6印

展望
最終レースは遺跡3000m。本編でいうところのオメガ賞ですね。
コカトリステイル印では盤石の態勢。
キイタナコイツ、モストフォルティシモも良い印です。
最後のレースです。ベストな走りをしてくれればと思います。

予想:11-2-1


結果

サイレンスセイレーンが出遅れました。
まず先頭を獲ったのはインペリアルクロス。
その後ろにはキイタナコイツが控えました。
シーグラはやや外、コカトリステイルと一緒にいます。

1000mの地点で先頭インペリアルクロスの背後にいたキイタナコイツが少し外に移動。
そのあおりを受けて、シーグラの内側にいたコカトリステイルが大外へ移動するハプニング。

仕掛けたのは大外へ行ったコカトリステイル。やや早いスパート。
次いでアダムスピーク。こちらは羽群中ほどからのスパート。
その後、各羽スパート。
直線向いてブロードピークが先頭に立つもリードはごくわずか。
残り400mでインペリアルクロスがブロードピークに並び、残り200mで逆転。
ブロードピーク、インペリアルクロス、アダムスピークの先頭集団を追い抜いて行く1羽の白チョコボ。
その名はサイレンスセイレーン。
出遅れ暴走で見事勝利。

GF6結果

着順:7-6-3

サイレンスセイレーンが暴走の勝利でグランドファイナル2勝目。
2着はインペリアルクロス。もう少しのところで大会初勝利が逃げて行きました。
3着はブロードピーク。最後に意地の走りで見事掲示板に載りました。
シーグラは4着。コカトリステイルは大外早スパの結果、10着に沈んだ。


以上でグランドファイナル全レースが終了しました。
最終順位を見ましょう。

グランドファイナル順位
GF順位

第6Rの結果、サイレンスセイレーンとインペリアルクロスが大きく順位を上げて47ptsで1位タイとなりました。
しかし、優勝の栄冠に輝けるのは1羽だけ。2羽による優勝決定戦が行われます。

今回はここまでにしたいと思います。






忘らるる都杯 グランドファイナル前半戦



↑はグランドファイナル出走羽紹介動画です。
シーグラは古代種記念覇者ですが、ヴォラカムには負けっぱなしというイメージが付いています。
それをここで払拭したいものです!
当牧場の他の参加羽ブルーダリア、マンティスサイスの若羽はすでに敗退。
残された希望はシーグラだけ。なんとしても頑張ってくれ!

あと、最終予選から上がってきた羽は全て古代種記念出走羽なんですね。
ベテランの底力というやつでしょうか。
出走羽中4歳羽、古羽が半々ということもあり、4歳羽vs古羽という目線で見るのも面白いかもしれませんね。





第1R
山岳 4月 1000m
GF1印

展望
いよいよグランドファイナル開幕です。
初戦は山岳1000m。内枠がかなり有利だと思います。
内枠の羽から勝利羽が出ると予想。

予想:3-2-1


結果

サイレンスセイレーンが出遅れました。
先頭はソラノカケラがゲット。
そうこうしないうちにアダムスピークが外からスパート。
すぐさまコカトリステイル、ソラノカケラもスパートします。
残り200m。コカトリステイルが先頭。
しかし、後続もじわじわと差を詰めてきています。
ゴール手前で失速したコカトリステイルを捕えたサイレンスセイレーンが1着でゴール。


GF1結果

着順:1-2-3

サイレンスセイレーン勝利。リフレクシーグラは僅差でコカトリステイルをかわして2着。
3着は何とかヴォラカムをしのいだコカトリステイル。
各限定戦王者が上位独占と貫録を見せました。




第2R
砂浜 3月 2000m
GF2印

展望
1番人気はコカトリステイル、対抗はキイタナコイツでしょうか。
逃げ羽が少ない中でアダムスピーク、ソラノカケラ、インペリアルクロスはチャンスを活かしたい。
第1Rは限定戦王者が強さを見せたレースでしたが、どうなるんでしょうか。

予想:5-3-10


結果

今度は揃ったスタート。
ソラノカケラがスタートでアダムスピークから内を獲ることに成功、そのままの勢いで先頭に立ちます。
リフレクシーグラら白羽は外に固まりました。
おかげでシーグラがどれかよく分かりません!
正面向いてくれたら額羽でわかるんですけどね~
などと思っていたら、あらまぁ。キイタナコイツと仲良く弾かれ、存在をアピールしました。

内側を走っていたラピスラズリがスパート。
続いてブロードピーク。
ここからラピスラズリとブロードピークのバトルが続きます。
長い鍔迫り合いの末、ゴール手前でブロードピークが前に出ます。
しかし、後ろから猛追してきたソラノカケラがあっという間にブロードピークを抜き去って行きました。


GF2結果

着順:6-5-1

ソラノカケラ勝利!
2着には最後の追い上げ届いたアダムスピーク。
ブロードピークは3着でゴールでした。
一方、第1Rの上位羽は軒並み下位に沈む展開となり、混戦の様相を呈してきました。




第3R
神殿 8月 1800m
GF3印

展望
内枠3羽に印が集中。その中でも1番人気は女王サイレンスセイレーンでしょうか。
第1R同様白羽上位独占なるんでしょうか。
アダムスピークも悪くはない印ですが、外からは厳しいか。

予想:2-3-7


結果

シーグラの隣が2羽とも出遅れました。
キイタナコイツ、サイレンスセイレーンに暴走注意報です!
11枠スタートのアダムスピークが非常に良いスタート。
コーナーまでに大きく内側にポジションを獲りました。
出遅れたキイタナコイツは大外でかかり発動。

キイタナコイツ大外からスパート。暴走?
続いたのはリフレクシーグラとコカトリステイル。
直線向いてキイタナコイツフレームアウト!
ですが、サハギンさん曰く先頭はキイタナコイツの模様。
シーグラ追いすがるもキイタナコイツが逃げ切りました。


GF3結果

着順:1-2-6

キイタナコイツが勝利。大外からあの走りは暴走だったんでしょうね。
シーグラは同タイムの2着。暴走相手にようやった。
最後に追い上げてきたトムキャットが3着。
出遅れたもう一羽、サイレンスセイレーンは暴走不発で4着。




以上で早くもグランドファイナルの半分が終了です。
ここまでの順位を見て、ひとまず終わりにしましょう

グランドファイナル暫定順位
GF暫定順位

1位に24ptsで5羽が並ぶ大混戦。
さらにその下もキイタナコイツ21pts、トムキャット、インペリアルクロスが20ptsと僅差で追走。
後半3レースで大きく順位の変動がある可能性大ですね。
シーグラはそのままの順位で、あと初勝利頼みます!


ではこの辺りで失礼します。

忘らるる都杯 最終予選



忘らるる都杯最終予選です。
各限定戦4~6位の9羽+2次予選を突破した3羽の合計12羽によるグランドファイナル進出をかけた戦いが始まります。


第1R
密林 9月 2800m
F1印

展望
古代種記念同様キイタナコイツは大本命の御様子。
ライバルはレッドカノン、ナイトホークあたりになるんでしょうか。
各羽まずは1勝が欲しいところ。

予想:5-6-8


結果

キイタナコイツとナスノモミジが出遅れました。
先頭は複数の羽が争うも互いに譲らず、1枠のレッドカノンが獲りました。
そして、マンティスサイスは外のまま・・・
大きな混乱もなく、レースは終盤へ。

仕掛けたのはやや外からキイタナコイツ。出遅れ暴走発動か?
追いかけるのはラピスラズリ、ナイトホーク、レッドカノン。
残り200m。キイタナコイツが失速し、後続との差が縮まります。
そして、内側から上がってきたレッドカノンがゴール手前でキイタナコイツを逆転し、1着フィニッシュ。


F1結果

着順:1-5-2

第1Rを制したのはレッドカノン。何とかキイタナコイツを捕えての勝利。
キイタナコイツ、ラピスラズリまでが掲示板に入り、良いスタートを切れた模様。
一方マンティスサイスは11着と良ろしくないスタートです。
ナスノモミジは暴走不発とあってタイム差がかなり開いた最下位になってしまった。




第2R
遺跡 12月 1800m
F2印

展望
グラビデ差が広がり、各羽の印もガラリとかわりました。
とはいえ、キイタナコイツは揺るがない大本命。次にラピスラズリが良い印です。
内枠唯一の「逃げ」マンティスサイスは勿論G+12。
スタートを凌げれば、何とかなるかも。

予想:6-3-2


結果

誰も出遅れずですが、やはりレスポンスの悪さが目立つマンティスサイス。
それでも、それなりの先行力を活かして何とか内側のポジションゲット。
トップを掴んだのはブロードピーク。
後ろにゼライゾン、ニシノトウインが続きます。

ラフィンハート、ナスノモミジが仕掛けます。
キイタナコイツ、スクリーンヒーローらが続きます。
直線向いてわずかにナスノモミジ先頭、2番手にラフィンハート。
内からブロードピークが追い上げ、残り200mで先頭奪取し、そのままゴール。


F2結果

着順:3-2-4

2次予選から昇格したブロードピークが勝利。
マンティスサイスは良い位置取りでレースを進めて2着。
ニシノトウインが3着に入りました。
中位は団子状態でゴールとなり、4着ゼライゾンと11着レッドカノンとのタイム差はコンマ8秒でした。




第3R
都市 5月 1400m
F3印

展望
ハンデ差が小さくなり、無印が6羽という極端な予想印になった第3R。
キイタナコイツをしのぐ印はナイトホーク。ラフィンハートも印が良い。
順当にいけば、ナイトホーク-キイタナコイツ-ラフィンハートになるが、果たしてどうなるでしょうか。

予想:5-8-3


結果

揃ったスタート。
出遅れなかったキイタナコイツがかかりを見せるなどして先頭に立ちます。
スタートの悪いマンティスサイスは大外から抜けられません。

ラフィンハート、ラピスラズリがスパート。
他の羽はやや遅めのスパートで追走開始。
直線向いてラフィンハート先頭。
2番手にレッドカノンが上がっています。3番手にラピスラズリ。
残り200mを切って、背景に紛れてキイタナコイツが登場。
失速するラフィンハート、レッドカノンを抜き去り、1着でゴール。


F3結果

着順:5-3-2

キイタナコイツが3R目にして初勝利を掴みました。
2-3着はラフィンハート、レッドカノン。
ナイトホークは必至の追い上げも届かず、4着。
マンティスサイスは9着。むむむ・・・マズイ状況です。


暫定順位
1位 28pts キイタナコイツ
2位 25pts ラピスラズリ
3位 24pts レッドカノン
という上位3羽。
しかし、4位ラフィンハート、ナイトホークが23pts、6位ゼライゾンが22ptsでピタリと付けています。
一方11位スクリーンヒーロー、12位ナスノモミジは敗退が決定。
マンティスサイスは9位でかろうじて踏みとどまっていますが、厳しいですね。
最終第4Rで順位の変動はあるのか。






第4R
神殿 1月 3600m
F4印

展望
最終レースは神殿3600mと本編でいうところのアルテマS。
最長距離の戦いはどんなレースを見せてくれるのでしょうか。
印はゼライゾン1番人気。大外のキイタナコイツも相変わらずの印です。
マンティスサイスは内枠スタートを活かして上手く上位に入ってくれれば・・・

予想:3-4-8


結果

ナスノモミジ出遅れ。
マンティスサイスは今までで最悪のレスポンスに見えました。
10枠レッドカノンが良いスタートを切り、ぐいぐい進出します。
内枠ではブロードピークが最内をてくてく進みます。
最初のコーナーでナスノモミジがブロードピークをかわして先頭奪取。
マンティスサイスはまずまずの位置取り。
そしてナスノモミジ先頭のまま終盤へ。

仕掛けたのはラフィンハート。しかし大外からです。
次いでブロードピーク。こちらは内側と対照的。
直線向いてブロードピークが大きくリード。
ニシノトウイン、マンティスサイスが追走しますが差を詰め切れません。
そんな中、ナスノモミジが急浮上し、ブロードピークと並んだままゴール。


F4結果

着順:3-1-12

ナスノモミジとブロードピークの激戦はブロードピークに軍配。
3着にはキイタナコイツが入りました。
マンティスサイスは最後色々抜かれて6着。敗退が決定しました。お疲れ様。


最終予選順位
最終予選順位

最終予選を制したのはキイタナコイツ。
正にダントツです、ハイ。
2位はラピスラズリ。ブロードピークとは同ポイントでしたが、プレーオフの末2位となりました。
3位はブロードピーク。プレーオフの結果、3位となりましたが、2次予選から連続の勝ち上がりはお見事。
以上3羽がグランドファイナル進出です。

暫定で3位だったレッドカノンは最終レースの結果でよもやの敗退。
マンティスサイスは頑張ったんだけどね~。
高A3羽、サブ能力なしだとこんなもんですね。
マンティスサイスはA3こそ169と高いものの、サブ能力がほぼ皆無。
勝てる見込みはなかったものの、記念参加としてこの忘らるる都杯に出走させました。
それがガスト杯でまさかの1勝。上出来だったよ。お疲れ様。


次からはグランドファイナル。いよいよ参加羽30羽のチャンピオンが決まります。

忘らるる都杯 2次予選



忘らるる都杯も折り返し。2次予選です。
すでに全レースの結果がUPされていますが、それはそれとしてお付き合いして頂ければ幸いです。
各限定戦で奮わなかった羽が再度高みへ挑むべく争う2次予選。
4Rを戦い、3位までが次の最終予選へ上がれる仕組みです。
私の羽、ブルーダリアもこの2次予選を戦います。


第1R
山岳 2000m
2次1印

展望
1枠テスコガビーがG+8ながら1番人気。ブルーダリアも悪くない。というか末脚以外に印付いたのはびっくり。
外のナスノモミジ、ブロードピークも良い印だ。
4R、12羽で争われる2次予選。スタートダッシュを決めたい。

予想:1-3-7


結果

圧倒的な先行力でブロードピークが先頭に立ち、ぐいぐい飛ばします。
しかし、コーナーではカイコノヤシロが先頭奪取。
それにしても・・・・イファルナ賞同様青羽が多いです。
しかも、4羽並ぶとか・・・尚更分からんですw
実況のスケルトンさん!ブルーダリアはどれですか~?

ブロードピークがスパート。
残りわずがでカイコノヤシロがブロードピークをかわして1着フィニッシュ。


2次1結果

着順:2-11-1

今大会唯一の金羽、カイコノヤシロが1着。2着争いはブロードピークに軍配。
ブルーダリアは4着に入る上々のスタート。




第2R
2次2印

展望
外枠のテスコガビー、ブロードピークが人気ですね。
ナスノモミジ、エクレールも良い印です。
第1Rとは一転、末脚×のみのブルーダリア。この印はやばそうな予感・・・

予想:1-7-11


結果

スタートダッシュを決めたのはブロードピーク。テスコガビーが続きます。
他には3枠のナイトオブタマネギも好スタートを見せています。

テスコガビーがスパート。
ナスノレイア、ガリバー、モミジの主催者サンシャインさんのトリオを始め、他の羽も続きます。
テスコガビーが伸びずに後続につかまり、混戦のままゴール。


2次2結果

着順:

混戦の第2Rはエクレールが勝利。最後先頭集団を外回りでゴボウ抜きしました。
ブロードピーク、インパルスヒーローがそれぞれ2着、3着。
ブロードピークは2連続で2着と頭1つ抜け出すことに成功。
ブルーダリアは9着。後半もう少し頑張らないと・・・




第3R
2次3印

展望
本編では定番中の定番、神殿2400m。
個人的にこの競羽・距離で1着を獲るとすごく気持ちいいです。
印ではテスコガビー圧倒的1番人気。
隣のナスノモミジ、外枠のブロードピーク、エクレールも悪くはないです。
ブルーダリアは末脚▲・・・イマイチな感じ。

予想:7-5-11


結果

ナスノレイア出遅れ。後半戦ともなると流石に出し惜しみなしですね。
外ブロードピークvs中テスコガビーの先行争いと思いきや、しれっとカイコノヤシロが先頭に立ってました。
ブロードピークは内側に切れ込めなかったようです。
テスコガビーに至っては色々ともみくちゃになって外へ行ってしまう展開に。
ブルーダリアはカイコノヤシロの真後ろゲットしてました♪

ナスノレイアが仕掛けます。暴走?
追いかけたのはナスノモミジ。それから大外のナスノガリバー。
主催者サンシャインさんの羽が躍動しております。
ブロードピークもナスノレイアを追走します。
少しして、ブルーダリアらもスパート。
ナスノレイアがぐんぐんナスノモミジを突き放し、1着でゴール。


2次3結果

着順:1-5-4

ナスノレイア暴走の勝利。最後追い上げてきたフジノモリが2着。
ブルーダリアは3着と最終予選突破に望みをつないでいます。


第3R終了時での暫定順位は
1位 ブロードピーク
2位 カイコノヤシロ
3位 テスコガビー&ブルーダリア
という序列。
このまま上位陣が上がるのか、はたまた逆転劇がおこるのか決戦の第4R間もなくです。
なお、ナスノガリバーは残念ながらこの時点で敗退が決定。
最後に意地の走りを見せてくれるのでしょうか。




第4R
2次4印

展望
第3R同様にテスコガビーの印が最も良いです。
そして対抗はブルーダリア!?
印通りに行ってくれることを切に願います。
最終予選への切符を手にするのは果たして・・・どの3羽になるんでしょうか。

予想:6-7-10


結果

ナスノモミジとフジノモリが出遅れ。
ブロードピークが先頭を獲り、テスコガビーが続きます。
なんてことでしょう・・・バックストレートに回る際にブルーダリアが弾かれました。
その後、羽群に入れず、大外へ・・・
なお、ナスノレイアがかかり発動でブロードピークから先頭奪取に成功しました。

ナスノモミジがスパート。
しばらくして、ブロードピーク、カイコノヤシロがスパート。
ナスノモミジが徐々に失速し、ブロードピークが距離を詰めるもなかなか届かず。
結局ナスノモミジが後続を振り切りました。


2次4結果

着順:8-1-7

2次予選最終レースの勝者はナスノモミジ。
2着は敗退が決定しているナスノガリバー、最後に意地を見せました。
3着はブロードピークでした。
ブルーダリアはなんと最下位・・・おーまいがーorz


以上で2次予選が終了しました。
最終予選に進むのは果たして・・・


2次予選順位
2次予選順位

2次予選トップはブロードピーク。勝利こそないもののブッチギリでした。
2位はカイコノヤシロ。印こそ良いとは言い切れなかったものの見事2位で2次予選突破です。
3位は最終レースで勝利したナスノモミジが最高着順差で8位から大逆転で最終予選への切符を手にしました。
4位フジノモリ以下9羽のチョコボ達はここで敗退となりました。お疲れ様でした。

ブルーダリアは最終レースの最下位で一気に8位となっちゃいました。
イファルナ賞予選から終始ふがいない結果でしたが、よく頑張ってくれました。ありがとう!


ということで、次は最終予選。
グランドファイナル進出をかけ、12羽による熱戦が繰り広げられます。



あとがき
限定戦決勝後半戦の記事において「引退」という言葉を書いたことについて

今のところ、チョコスタから完全に引退する予定はありません。
記事内での記述はあくまで冗談のつもりでしたが、いらぬ心配をおかけしたようで、申し訳ないです。
確かに以前と比べチョコスタをやる頻度が落ちてはいますが、産み分けもちょこちょこやっております。

私生活において大きな変化でもない限りはチョコスタを継続してやっていくと思います。
何せ、チョコスタが好きですからね。

では、この辺で失礼します。

ギル&A2更新

忘らるる都杯の記事作成していたら、PCフリーズにより全て消え、げきおこぷんぷんなあおのこのこです。

再度作成中ですが合間のお口直しに短いのをひとつ。

価格更新146ギル

てれひせサヅ ぢヅぃヅぅゲ ヅからヅふ ヅほさヅよウ ぐそツデけヅ ヅヅきヒぃ

先:167 長:106 瞬:175 持:123 底:154 自:128 加:167 
A1:145 A2:146 A3:169

A2、価格共に146に更新。
A3配分はイマイチですが、牝羽の産み分けでは最高A3なので、上出来ですね。
自在性が高いのもGoodです。

因みに、親は
♂シロマアイオライト (先:181 瞬:174 加:175) 142ギル 
♀ベリドットブリス (先:162 瞬:175 加:162) 136ギル
です。

このカップリングでは上の羽以外にもA3:167が2羽(138ギルと137ギル)出てるので、
粘ればA3:170台も出るのかな~と思ったりしてます。

忘らるる都杯 限定戦決勝後半



続いて限定戦決勝後半戦です。


ガスト杯決勝 第4R
砂浜 7月 2400m
ガストF4印

展望
綺麗に脚質ごとに分かれました。
短距離が多かった前半は先行力がある羽が強かったようですね。
内枠の追い込み羽はスタートで外枠の逃げ羽の進出を抑えきれるかが課題となりそうです。
マンティスサイスは印悪いですね。あまり期待できないかも。

予想:10-3-5


結果

揃ったスタート。
インペリアルクロスが良いスタートを切って先頭に立ちました。
後ろにはナイトホークがピタリと付けています。
特に目立った動き無く、スパートの時を迎えます。


ガストF4ゴール

動いたのはナイトホークともしかしてマンティスサイス?大外だ~
すぐさまベルセルクハート、インペリアルクロスが追いかけます。
コーナーの時点でベルセルクハートがあっさりナイトホークを抜き去ります。
直線向いてベルセルクハート先頭。
後続のナイトホーク、インペリアルクロスはなかなか距離を詰められず、ベルセルクハートがゴール。


ガストF4結果

着順:3-5-6

1着はベルセルクハート。レースの位置取り、スパートタイミングも良く、最後まで見事走り切りました。
2着はインペリアルクロス。先頭に立ってからの狙い通りの入賞でした。
3着はナイトホーク。インペリアルクロスに競り負けたものの、G+9の思いハンデながら見事入賞。
マンティスサイスは8着。G+10はやはり厳しい・・・


イファルナ賞決勝 第4R
遺跡 12月 3000m
イファルナF4印

展望
ソラノカケラ以外に印あり。
大外ながらアダムスピークが1番人気か。
レッドカノン、サイレンスセイレーン、テスコガビーが対抗。
内枠に先行型がいないため、先頭はニシノトウインが有利か。


予想:6-5-11


結果

サイレンスセイレーン出遅れましたぁ!
先頭はソラノカケラがエビぞりを見せるものの、ニシノトウインがなんとかゲット。
私事ですが、橋の時点で早くもブルーダリアを見失ってしまいました。
ただ、画面上の番号で外に居るのは分かってます。
さて、レースは中盤、ナスノレイア渾身のエビゾリも先頭を獲ること能ず。
そしてニシノトウイン先頭のまま終盤へ。


イファルナF4ゴール

仕掛けたのはエクレール。
追いかけるはサイレンスセイレーン、ナイトオブタマネギ、アダムスピーク。
直線向いてサイレンスセイレーンが逆転トップ。
残り200mで青羽トリオを一気に突き放し、そのまま1着ゴール。


イファルナF4結果

着順:8-7-1

1着はサイレンスセイレーン。出遅れ万歳!
2着はニシノトウイン。最後ぐんぐん上がってきましたが、サイレンスセイレーンには逃げられてしまいました。
3着はナスノレイア。最後の追い上げで3着に滑り込みました。
ブルーダリア8着・・・安定の下位。


古代種記念決勝 第4R
神殿 4月 2000m
古代種F4印

展望
3R終えてまさかのトップ、リフレクシーグラは大外9枠スタート。
常に本命印キイタナコイツはその内8枠に。
先頭争いはブロードピークとナスノモミジになりそうか。

予想:4-8-7


結果

ナスノモミジとフジノモリの和風ネーミングコンビが出遅れました。
先頭はブロードピーク。ナスノモミジが出遅れたこともあり、難なく先頭に立ちました。
他にはラピスラズリも良いスタートを切りました。中盤、かかりも発動し、調子良さそうです。
リフレクシーグラは大外。スタートが悪いのはいつものことなので仕方ないです。
そうこうしているうちに終盤へ突入。


古代種F4ゴール

仕掛けたのはナスノモミジ。出遅れ暴走発動。
追いかけるのはラピスラズリ、キイタナコイツ、フジノモリ。
しばらくして他の羽もスパート。
直線向いてナスノモミジ大きくリード。
その後、モストフォルティシモの追い上げもありましたが、危なげなくナスノモミジが1着でゴール。


古代種F4結果

着順:1-3-2

1着はナスノモミジ。出遅れた後、先頭の真後ろを走り、暴走発動という最高の出来でした。
2着はモストフォルティシモ。もう少しで暴走を捕えられるかという追い上げでしたが届かず。
3着はスクリーンヒーロー。他を凌ぐ圧倒的なグラビデハンデを活かし、見事入賞。
リフレクシーグラは4着。大外だったのでびっくり。
出遅れたもう1羽、フジノモリは9着に沈みました。






続いて第5R。


ガスト杯決勝 第5R
遺跡 4月 1000m
ガストF5印

展望
マンティスサイスは先頭に立てれば・・・というレースです。
ただ、コカトリステイルら先行力のある羽がすぐ外に控えているので、スタートに注力して欲しいですね。

予想:3-4-5


結果

コカトリステイルが出遅れてくれました。ぬぅ。
そして先頭争いも落ち着かぬままに残り800mからのスパート。
どっかで見た光景。
羽群もまだらな隙をついて一気に抜け出すコカトリステイル。
残り700m近辺でナイトホークが追っかけスパート。
その後、マンティスサイスらも続き、暴走白羽を猛追します。
マンティスサイス、参加羽中最高A3羽の意地を見せ、なんとか食い下がります。

ガストF5ゴール

無念・・・


ガストF5結果

着順:4-3-5

マンティスサイス及ばず、コカトリステイルが暴走1本勝ち!
3着にはゼライゾンが入りました。
マンティスサイスは位置取りが良かっただけにちょっと悔しいですね。
ところで、G+7でこのタイムは結構速い気がします。サブ能力、祭:1だけなんですけどね・・・


イファルナ賞決勝 第5R
都市 12月 2400m
イファルナF5印

展望
アダムスピーク、サイレンスセイレーンの両羽は今回も印が良いです。
1枠ラフィンハート、2枠テスコガビーも良い印、得意条件なんでしょうか。
ブルーダリアは右回りで能力UPして末脚◎です。

予想:7-1-8


結果

久々に揃ったスタートです。
圧倒的なスタートダッシュはソラノカケラ。流石です。楽々先頭に躍り出ます。
ブルーダリアはタマネギさんと一緒でしたが、最初のコーナーで他の青羽さんと合流し、目くらまし。
されましたが、バックストレートで外に行ってることが判明。
ちょいと待ちんしゃい!縁石の上走ってるぞ!

イファルナF5ゴール

そして大外ブルーダリアがスパート。案の定画面外。
ブルーダリアとほぼ同時にエクレールもスパート。こちらは中ほどから。
直線向いてエクレールが先頭。
ですが、ラフィンハートとの差は僅か。
残り200m切って、ラフィンハートが逆転し、そのままゴール。


イファルナF5結果

着順:1-7-11

ラフィンハート見事な勝利。同タイムの2着争いはアダムスピークに軍配。
3着となったサイレンスセイレーンも大外スタートからの3着は流石でした。
エクレールは失速したものの4着。ブルーダリアは外だったこともあり、7着。


古代種記念決勝 第5R
密林 10月 3200m
古代種F5印

展望
密林3200m・・・オーディン賞春を思い起こさせます。
獲るの大変だったなあ・・・
グラビデが軽くなり、キイタナコイツとリフレクシーグラに印が集中。
一騎打ちになるのか、それとも第3の羽が獲るのか。

予想:6-5-2


結果

ひゃっほう!キイタナコイツ出遅れやがりました!
一方のシーグラは外のスクリーンヒーローらに阻まれスタート失敗・・・大外へ。
先頭はヴォラカムが獲りました。
特に混乱もないまま終盤へ。
どうでもいいですが、スクリーンヒーロー以外は白、赤、桃が2羽ずつだと今更ながら気付きました。


古代種F5ゴール

仕掛けたのはラピスラズリ。
ブロードピーク、モストフォルティシモがそれを追いかけます。
徐々にラピスラズリに2羽が接近している最中、内側からヴォラカムが猛スピードで駆け抜けていきました。
2着争いは混戦。


古代種F5結果

着順:2-6-3

ヴォラカム、予選とは裏腹の絶好調。
リフレクシーグラ、ラピスラズリをかわしたものの、ヴォラカムには届かず2着。
ラピスラズリ、何とか3着。
キイタナコイツは暴走不発で3着と同タイムの4着の悔しい結果に。
シーグラはスタートが全てでした。キイタナコイツが暴走しなかったのは不幸中の幸いでしたね。


因みにガスト杯、イファルナ賞、古代種記念はそれぞれ4月、12月、10月が3回ずつですが、偶然ですかね。






限定戦優勝に輝くのはどのチョコボになるのか!
最終第6R開始。


ガスト杯決勝 第6R
都市 11月 2000m
ガストF6印

展望
最も厳しいハンデとなる第6R。各羽、それを撥ね退けて勝利を掴めるか。
マンティスサイスは外枠なので厳しいです。

予想:6-4-2


結果

最後はみんなでいっせいので揃ったスタート。
インペリアルクロスが飛ばしますが、コーナーでナイトホークが逆転。
仕掛けもないまま終盤へ。


ガストF6ゴール

スパートはナスノガリバー。
続いて最内のナイトホーク、大外のカイコノヤシロがスパートします。
残り400m辺りでマンティスサイスがようやくスパート。G+12は重い。
ナスノガリバーが逃げる中、やってきたのはトムキャット。2羽並んでゴールイン。


ガストF6結果

着順:1-6-4

勝利したのはナスノガリバー。同タイムでしたが、判定勝ち!
2着のトムキャットも堂々たる走りでした。
G+12という最重量のハンデを負ったナイトホークは3着でした。
同じくG+12のマンティスサイスは6着。あそこからよく追い上げたもんだY。


イファルナ賞決勝 第6R
砂浜 6月 1600m
イファルナF6印

展望
イファルナ賞最終レースは砂浜マイル戦。
ニシノトウインが1番人気。おそらくスパートまでは先頭で来るでしょう。
ブルーダリアはまたも外へ行きそうな予感。

予想:4-10-9


結果

こちらも揃ったスタート。4枠のニシノトウインが好スタートを見せ、先頭に立つ。
ブルーダリアはやっぱり大外です。もう駄目だ~OTL
中盤、ソラノカケラがエビゾリをしますが、羽群中ほどということもあり、特に影響は出ず。


イファルナF6ゴール

ラフィンハートがスパート!
直線向いて、ラフィンハート先頭ですが、内側からナイトオブタマネギが迫ります。
そこから2羽が激しいデッドヒートを繰り広げます。
最後の最後でラフィンハートが突き放し、ゴール。


イファルナF6結果

着順:11-1-4

ラフィンハートが見事な勝利で通算4勝目。
ナイトオブタマネギは惜しくも2着でしたが、見応え十分の激戦でした。
先頭でレースを進め、最後猛追してきたニシノトウインは3着。タイム差コンマ1秒でした。
そして、ブルーダリアは最下位11着。いいとこなかったね。残念。


古代種記念決勝 第6R
山岳 6月 1200m
古代種F6印

展望
キイタナコイツ、リフレクシーグラの2羽が重いハンデを背負い、印がばらついています。
ずば抜けてグラビデが軽いスクリーンヒーローが怖い存在に見えます。

予想:5-4-3


結果

フジノモリ出遅れ。今度は暴走なるんでしょうか。
ブロードピークが先頭を獲ります。


古代種F6ゴール

フジノモリがスパートしますが、ものの見事に羽群に阻まれてタイムロス。
フジノモリが大外に回り込んでようやく抜け出したころにモストフォルティシモらがスパート。
直線向いてモストフォルティシモとフジノモリが並んでいます。
すると、坂を上ってモストフォルティシモがフジノモリを突き放しにかかります。
完全にフジノモリを置き去りにしたモストフォルティシモですが、スクリーンヒーロー登場!
凄いスピードでモストフォルティシモをかわしてゴールへ。


古代種F6結果

着順:5-4-7

圧巻スクリーンヒーロー。やはり、1羽だけ軽いと強いですね。
2着のモストフォルティシモはG+4、相対的に見るとG+16のハンデ差ですから仕方がないかもしれませんね。
3着に滑り込んだのはラピスラズリ。連続入賞と後半上手くまとめてきましたね。
リフレクシーグラは最後ヴォラカムにかわされ6着。


以上で限定戦が終了しました。
最後に順位を見て終わりとしましょう。
なお、3位までがグランドファイナルに無条件で進出します。
4位~6位が最終予選、7位以下は2次予選に回ります。

なお、限定戦6R終了時点で何羽かが同じポイントで並んでいたため、プレーオフが行われております。
プレーオフの詳細は以下の動画をどうぞ。



限定戦最終順位

ガスト杯決勝
ガストF順位

優勝はコカトリステイルでした。おめでとうございます!
予選に続き、決勝でも3勝するなど他を圧倒し、文句無しの優勝です。

2位は掲示板3回で大崩れしなかったトムキャット。
3位には後半で巻き返したインペリアルクロスが入り、見事グランドファイナルへの切符を手にしました。

マンティスサイスは何とか6位で踏ん張り、最終予選行きです。
厳しい戦いが続くけど、頑張って欲しいです。


イファルナ賞決勝
イファルナF順位

1位が同ポイントで並んだため、一騎打ちプレーオフの末、サイレンスセイレーンが優勝に輝きました。
またもやスターさんの羽です。おめでとうございます!
予選では1位と1pts差の4位でしたが、決勝では見事に雪辱を晴らしました。

2位はプレーオフで敗れてしまったソラノカケラ。
壱村さんが追い求めた先行型の理想羽。1発勝負では力及ばずとも、安定した成績でした。
因みに予選でもサイレンスセイレーンと同ポイント。
グランドファイナルでのリベンジに注目ですね。

3位も同ポイントで並んだため、同様にプレーオフで決着を着けた結果、アダムスピークが3位となりました。
決勝では勝利こそなかったものの、掲示板4回と安定していました。

惜しくもグランドファイナル進出ならなかったレッドカノンは最終予選からの巻き返しに期待です。
ブルーダリアは10位。終始低調なレースっぷりでした。2次予選から立て直せるでしょうか。
そして、予選3位のテスコガビーがまさかの11位。掲示板3回の予選から一転、掲示板どころか下位に低迷。
何とか立て直して、上のラウンドに進めるでしょうか。


古代種記念決勝
古代種F順位

古代種記念を制したのはリフレクシーグラ。
勝利なしというのが少しさびしいですが、文句は言ってられません。
正直、予選からここまでジャンプアップするとは思いもよりませんでした。
なお、EXで予選・決勝含めて初の優勝です。やった~♪これで心置きなく引退…ゲフンゲフン。
さあ、気持ち切り替えて、次は初勝利&総合優勝だ!

2位は予選最下位だったヴォラカム。
実はシーグラに4勝しており、シーグラに何度も立ちはだかったチョコボです。
グランドファイナルでは個人的に意識していきたい羽ですね。

イファルナ賞同様、3位が同ポイントで並んだのでプレーオフの末、モストフォルティシモが3位になりました。
敗れたラピスラズリは最終予選へ。

キイタナコイツは5位とスターさんの限定戦3冠はならず。

予選1位のフジノモリは1勝を挙げたものの、安定せず痛恨の最下位。
しかも予選4Rのポイントを下回る結果となってしまった。
1次予選優勝羽の意地を2次予選では是が非でも見せたいところ。




長くなりましたが、ようやく限定戦決勝について書き終わりました。
すでに2次予選、最終予選、グランドファイナルの動画がUPされていますが、
何とかスピードアップして記事作成できたらなと思います。

それでは失礼します。

のこのこの生息数
プロフィール

あおのこのこ

Author:あおのこのこ
性別:男
生年:1984年
出生:高知県
出身:神奈川県
趣味:昼寝、カラオケ
好きな食べ物:ネギトロ、納豆

↓チョコスタ自己記録↓
価格:148ギル
A1:153
A2:149
A3:176
A4:165
A5:152
先:192
瞬:191
加:183

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。